おうちで落とすセルライト!つぶす前に知って欲しいこと!ぼこぼこ足から美脚を目指す!

脱・セルライト

エステティシャンが教える セルライトの除去方法

元看護士エステティシャン
セルライトは何にもしてなくとも目に見えるものから、つまんだりねじったりすることで見えてしまうセルライトもありますよね。
あなたも何かのきっかけでセルライトに気付いてしまい、どうにかしたいとお考えなのではないでしょうか。
私もセルライトに頭を抱えることもありましたし、間違った方法を実践してしまったこともありました。

そこで今回は、セルライトの正しいケア方法についてご説明していきます。
間違ったケアでは今より悪くなる一方ですので、正しいケアの仕方を覚えてもらえたら嬉しいです。

セルライトって何者?痛いけど潰すって有効?

セルライトは、脂肪細胞が変形・増大したものを指します。
脂肪細胞は誰にでもあるものです。

しかし、身体のめぐりが滞っていたり、運動不足や肥満などが原因で排出されなかった老廃物や水分が脂肪細胞のまわりにまとわりつくと、脂肪細胞が大きくなって血管やリンパ管を圧迫しぼこぼこになってしまいます。
むくみは放置するとセルライトになる、という話を聞いたことはありませんか?
間違った情報ではないのですが、これを気にして徹底的にケアしている人の方が少ないと私は感じています。

先に少しお話しましたが、私も間違ったケア方法で痛い思いをしたことがある人です。
それは、セルライトを潰すことです。
細胞を潰すって痛いですし、そもそも潰したらセルライトがぽっかりなくなるなんてことは、まずありません

痩身エステサロンでもセルライトを潰すとありますが、あれはマシンを使って壊れた脂肪細胞や流れやすくなった老廃物を、ハンドマッサージや汗をかくことで排出を促しているのです。
なので、セルフケアではセルライトを潰してなかったことにはできませんし、潰すことで脂肪細胞がさらに大きく、そしてより目立つようになってしまいますので、潰す行為だけはやめてくださいね。

セルライトは単体でのケアでなんとかできるものではありません。
ライフスタイルを見直すことで、辞めるものと新しくやり始めるものが出てくるでしょう。
新しくやり始められることとして、今度は筋トレ有酸素運動についていくつかご紹介しますね。

 

セルライトはどうすれば落とせる?効果的な筋トレ・有酸素運動

ローラー

セルライトができる大元の原因は、身体のめぐりが悪くなっていることです。

日々の動作で消費しきれず余ってしまった脂肪や、排出されずに残ってしまった水分や老廃物は、筋トレやマッサージで溜めこみにくくすることができます。
つまり、運動で対策がとれるということですよ。

筋肉をつけるということは、ただ脂肪を落とすために必要なのではなく、さらなるセルライトを作らせないためにも必要なことだと私は考えます。
運動不足の人や、冷え性の人は特にセルライトがなくなりにくいので筋肉をつけて身体を温かくしやすくするところから始めましょう。

身体を温めるメリットは、痩せやすい身体にできること、つまり効率よく結果を出しやすくするためには必要不可欠なのです。
これは知人の経験なのですが、肥満体型のため運動するようになり、筋肉が目に見えてついてきた頃から汗が簡単に出るようになったと話します。
発汗はデトックスだけでなく身体が温まってきた証拠でもありますので、運動を続けることで温感効果の期待できるアイテムを使う必要もなくなるというメリットがありますね。

おすすめの有酸素運動はジョギングです。
季節によって温度の変化が厳しいと走りにくいかもしれませんが、外の空気を吸うこと、全身運動ができること、一定のリズムで走ることはストレス発散にもなります。

目標を立てていざやろうと思っても、最初は全然距離が走れません。
でも、それは当然です。
走るために必要な筋肉が十分ではありませんし、体力もありませんのでしょうがないのです。

だからといって途中でやめる理由にはなりませんよ。
走れる距離は徐々に伸ばしていくものです。
まずは何かの理由をつけて走りに行きましょう。

ゴミ捨てでも良いですし、近所のコンビニまで小走りで行ってみるなど、本当にちょこっとの距離だけでも走るようになると身体が走りやすい身体になっていきますよ。
あとは、走る時間を決めて距離を徐々に伸ばし、その時の自分の走れるペースと距離を理解し続けていきましょう。
有酸素運動にはジョギングの他にも、水泳プールでの歩行も挙げられます。

筋トレは無酸素運動の扱いになりますが、併せて行ないたいトレーニングです。
筋トレは地道で地味なトレーニングと思うかもしれませんが、縁の下の力持ちとなります。
つまり土台作りですね。

全身の筋トレを行なうのも良いですが、部分的に気になる部分のトレーニングができることが大きなメリットです。
今回は足に限定させてもらいますが、筋トレは種類豊富ですので選び放題なのも嬉しいですね。

足の筋トレでおすすめしたいのが、スクワット、太ももの上げ下げ、つま先の上げ下げです。

スクワットは正しいやり方をすれば全身を鍛えることもできます
正しいスクワットは、お尻を後ろに突き出すように腰を下ろし、膝は自分のつま先より先に出ないようにやります。
数回だけでもきついのですが、その分結果が出やすいトレーニングですよ。

太ももの上げ下げは、太ももの筋肉が大きいので身体を温めやすくすることができ、つま先の上げ下げはふくらはぎの筋肉を動かすことで、血のめぐりを良くしむくみ対策ができますね。

いずれもちょっと辛くなってきたかな、くらいのところで一度休憩してください。
有酸素運動も筋トレも継続は力なりです。
セルライトは運動だけではなくなりませんので、セルライトグッズを使ったおすすめのケア方法を次にご紹介します。

セルライトグッズ かっさ・ローラーを利用したセルライトの落とし方

かっさ

セルライトグッズで有名なのが、かっさローラーです。

かっさは中国で古くから伝わる民間療法のひとつで、今では美容として取り入れられていますよね。
エステサロンでもかっさを取り入れているところもあります。
むくみやリンパケアに着目している人には特におすすめです。

かっさは、リンパの流れを良くすることを目的としますので、やるならトレーニングが終わった後、入浴後など身体が温まっている状態で行なうとデトックス効果がアップしますよ。
かっさを使ったケアは、少し強めの力加減で足首からケアしていきます。
痛い部分は押し上げるようなイメージで、念入りにかっさを滑らせていきましょう。
何も塗らない状態では肌を傷めるだけですので、オイルボディローション等であらかじめ滑りを良くしておいてくださいね。

また、かっさを使うとかっさ痕というあざのようなものができることが多いです。
正しく使えているという証でもありますが、かっさによるデトックスの結果というイメージで良いかと思います。
個人差はありますが数日から1週間ほどで消えるそうですので、生足を出すような時には注意が必要ですね。
また、かっさ痕が残りにくいタイプのかっさもあるそうですので、使い勝手で選べますよ。

かっさ

次にマッサージローラーは、かっさよりも使い勝手が簡単なのが一番のメリットです。
使いたい部位によって形状も異なり、足に使うものは握りやすい形状のものが多いですね。
防水になっているものがほとんどですので、入浴中に使うこともできますよ。
かっさや自身のマッサージよりも簡単にセルライトケアをしたい人には、特におすすめです。
マッサージローラーも入浴時以外で使う場合は、肌の滑りを良くしておくことで皮膚が引きつれるような痛みもなくできるでしょう。


マッサージローラー

セルライトグッズを使ったケアの仕方も、トレーニングと同様に継続することが必要不可欠ですので、飽きずにかつストレスなくできるものを見つけてくださいね。
また、セルライトグッズを使っておしまい、ではなくしっかり水分補給と睡眠をとるようにしましょう
カロリーや糖質・脂質を考えた食事を摂り、よく動き、よく休むことが基本ですよ。

おうちで目指す美脚!太もものセルライト対策レシピ集!ボコボコセルライトを撃滅せよ!

2018.10.30

最終兵器?!セルライト対策はEPARKで予約してお得にエステ!

おうちでコツコツとケアを継続できる人は素直に尊敬しますし大変素晴らしいことだと思います。
しかし、お財布に少し余裕があるという方向けにこういった手段もある!というのをご紹介します。

今回の趣旨とはまるでズレてしまいすごく卑怯な気もしますが、いっそエステに行ってしまおう!という提案です。

リラクゼーションサロンの検索&予約サイトのEPARKリラク&エステをご存知でしょうか?
すごいんですよ、ここ。
単に「予約してお得になる」ってだけじゃなく口コミやアクセスも見れるから色々と便利なんですよね。

EPARKリラク&エステの公式サイトへ

加盟店もどんどん増えてるのできっとアナタのおうちの近くのお店も見つかるはず!
まずは気軽に公式サイトをチェックしてみて下さい!

EPARKリラク&エステは特典利用で月曜日が毎回お得!

2018.08.27

おうちで落とすセルライト まとめ

セルライトのケア方法についてご説明しました。

セルライトは脂肪細胞が大きく変形したもので、肥満やむくみが原因です。
なので、運動やセルライトグッズで、セルライトの素でもある脂肪や老廃物、水分をデトックスしセルライトをなくしていくことがおうちでできるセルライトケアです。

セルフケアはローコストですが、間違ったやり方だけはしないでください。
オリジナルも良いかもしれませんが、逆効果となることもありますので正しいやり方はぜひマスターしてほしいと思います。
自分が信じられない、という人は痩身エステサロンで施術を受ける方法もアリです。

元看護士エステティシャン
自分はどうなりたいのか、どういうやり方なら続けられるのか、よく考えてみてくださいね。
あなたのセルライトが、あなたの努力でひとつでも目に見えなくなりますように。


マッサージローラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です