2019年3月のMNP弾 作り方を公開!直前でも間に合う!最速・最安値・利益が出る弾もある!

MNP予約番号を発行しMNPするイメージ画像

まだ間に合う! 3月のMNP弾

乞食ブロガー住谷
ついに楽しみにしていた3月が近づいて参りました!
1年で最も儲かると言われているMNPが極熱の月です。

ですが、ただ3月になるのを待っているだけではいけません。
3月までにやらねばならないことがたくさんあります。

圧倒的にMNP弾の数が足りない私…。
やらねばならないことなどを当ページにまとめました。

まだMNP弾を作っていないという方も是非、ご覧ください。
直前でもペナルティを食らわずに安価に最速でMNP弾を作る方法も紹介しています。

3月のMNP案件はめちゃくちゃ熱い!

私はMNP乞食歴1年に満たないので、めちゃくちゃ利益の出ると言われる3月を経験したことがありません。
私をサポートしてくれているMNP猛者の友人曰く、「3月は他の月とは比べ物にならないほど高額CBになったり、高額機種で一括0が出たりする」とのこと。

お金のニオイがプンプンします♪
そのため3月は最低でも大手キャリアには必ず上限いっぱいまでMNPしたいと思っています。
MVNOに関しても、3月に関しては儲かる案件が登場するので恐らく上限まで行くと思います。

一年で一番熱い3月は全力投球です!
まずは3月に向けて今やるべきことなどをまとめました!

3月のMNP予定

私は家族3人の名義でMNPをしようと考えています。
下記はいずれも1名義で5回線まで保有することができますが、現在保有している回線数及び、一度に契約できる回線数を考慮した結果、下記の通りとなりました。

au
自分 :3回線
家族A:3回線
家族B:3回線
※利用者登録を使うことで1名義で3回線まで同時契約可能
ドコモ
自分 :2回線
家族A:2回線
家族B:2回線
※利用者登録という裏技は使えず同時契約は2回線まで
ソフトバンク
自分 :3回線
家族A:3回線
家族B:3回線
※利用者登録を使うことで1名義で3回線まで同時契約可能
乞食ブロガー住谷
3月以外でも利益の大きいauを含め大手3社のMAX契約は必須です。auとドコモに関しては切断型のMNPをします。恐らく良い案件があるであろう下記のMVNOも上限行きます!
MNPではなく新規契約です。

UQモバイル
自分 :2回線
家族A:3回線
家族B:3回線
※利用者登録を使うことで1名義で3回線まで同時契約可能
Y!mobile
自分 :5回線
家族A:5回線
家族B:5回線
※利用者登録を使うことで1名義で5回線まで同時契約可能
乞食ブロガー住谷
UQは1名義で5回線まで保有でき、利用者登録を使用することで一度に3回線まで解約できますが、私名義で先日3回線の新規契約をしてしまったので、私名義では2回線しか契約ができません。
MNP予約番号を発行しMNPするイメージ画像

UQモバイルでMNP弾を作った体験談を公開!1回で3回線まで契約可能!

2019年1月8日

MNP弾が全く足りていない!という時にやるべきこと!

私の現状の問題点はとてもはっきりしています。
年末のLINEモバイル案件でMNP弾を5つ増やしたものの、イオンモバイル案件には乗り遅れてしまったということもあり、絶対的に弾数が足りないのです。

その数は13弾!!

これを3月までに増やさねばなりません。
3月までにMNP弾を格安でかつ、急遽作らねばならない時にやるべきことを公開させていただきます。

理想はOCNモバイルで儲かるMNP弾作り!

OCNモバイルONEのキャンペーンページへ

通常、MNP弾を作るとなると、1弾あたり8000円~15000円程度の費用がかかります。
ですが、不定期で行われるOCNモバイルの端末セットのキャンペーンを利用すれば、MNP弾を作りつつなんと利益を出すこともできます。

どのくらい利益が出るかはキャンペーン次第ですが、どんなにショボくても他のMVNOよりも遥かに安価に作れます。
過去の私の体験談をご覧いただければわかります。

平成最後の年末感謝セールのキャンペーン画像

OCNモバイルONEで6回線目を契約!3月のMNP弾作成完了!

2018年12月25日

【最新情報!OCN案件が降臨!】
MNP弾を作成した時点で利益が出てかつ、3月のMNP弾として使用できる案件が登場しています。
2月21日午前11時までの開催です。

OCNモバイルONEの「ひと足お先に総決算セール」が3月のMNP弾ラストチャンス!

2019年2月8日

OCNモバイルはドコモから回線を借りているため、au or ソフトバンクへのMNP弾となります。
1名義で最大5回線まで保有することができます。

キャンペーン毎に1名義で1回線だけしか新規契約ができないとも言われていますが、私はキャンペーン期間中に日にちをずらして2回線契約することができました。

OCNモバイルで過去に解約やMNPを頻繁に行っていなければ、さらなる複数回線契約も可能なのかもしれません。
理想はMNP弾作りをしてむしろ利益の出るOCN案件が出るのを待って、足りない分をその他の案件で用意するというのが理想です。
開通確認も不要です。

ただし、OCN案件が出るのを待てるのは2月の中旬までです。

なぜならOCNからのMNP転出は、利用開始月の翌月以降となっているかです。
そして利用開始月とは申し込みをしてから10日後です。

つまり3月にMNPをするためには、申し込みをしてから10日後が2月28日以前にならなければなりません。
逆算すると2月中旬がギリギリです。

こちらも私が過去に利用開始月の翌月以降制限の罠にハマり、OCNからMNP転出できなかった体験談を公開していますのでご覧ください。

MNP予約番号を発行しMNPするイメージ画像

OCNモバイルONE(ドコモ回線)からMNPしてみた!予定外のトラブルもあった体験談を公開!

2018年11月28日

2月中旬以降は格安で作れるnuroモバイル!

2月中旬以降は、OCNモバイルからの3月発動MNP弾を作ることができません。
2月中旬になってもまだMNP弾が足りないという方は、nuroモバイルでMNP弾を作りましょう!

nuroモバイルは回線をドコモとソフトバンクの両方から借りているので、どちらか選べるという利点もあります。
ドコモへ転入するためのMNP弾を作るならソフトバンク回線ソフトバンクへ転入するためのMNP弾を作るならドコモ回線を選択しましょう!
auへ転入する弾を作るのであればどちらでも良いのですが、ちょっと安くなるドコモ回線をオススメします!

nuroモバイルをオススメする理由は、下記の3つです。

nuroモバイルでMNP弾作成のメリット

  1. 作成費用が激安の7394円!
    登録事務手素料金3000円+SIM準備金Dプラン394円+基本料金1ヶ月分1000円+MNP転出手数料3000円
  2. 開通確認は不要!最短8日後にMNP転出が可能
    SIMが届いてから最短で8日後にMNP転出ができますが、MNP予約番号の発行は受付完了後、1日〜2日程度かかるので10日見ておく必要があります。
  3. 2つの回線から選べる!
    前述した通りドコモ回線 or ソフトバンク回線のいずれかを選択することができます。

①は短期解約による違約金がかからないところが大きいです。
②は私も実践しましたが、簡単に最速で予約番号を発行し問題なくMNP転出することができました。(参考:nuroモバイルのMNP予約番号を発行体験談
③の通り回線が選べるので、大手3社いずれへのMNP弾をつくることが可能です。

nuroモバイルからのMNP弾作成の詳しい手順は下記の体験談記事でご確認ください。
1名義で同時に5回線を申し込んだ体験談です。

MNPは稼げるというイメージ画像

nuroモバイルを5回線分契約!最安のMNP弾5つが誕生!

2018年10月27日

最安値のMNP弾が作れると言われるb-mobile

b-mobileも短期解約による違約金がかからないので、安価にMNP弾を作成することができます。
ソフトバンクから回線を借りているので、b-mobile回線はau or ドコモへのMNP弾となります。

MNP弾作成費用は、7952円です。
※新規契約事務手数料3000円+1ヶ月分基本料金1950円+ユニバーサルサービス料2円+MNP転出費用3000円

nuroモバイルのお試しプランが登場するまでの間は、最安でMNP弾が作れるのがb-mobileだったため今でもMVNOのSIMの中で最安値という認識でいる方も多いようです。
nuroモバイルで審査をパスできなかった方や、上限まで弾を作ったけれでもまだ足りないという方は、b-mobileを活用すると良いでしょう!

ただしb-mobileには注意事項もあります。
それは開通確認が必要なことです。

届いたSIMを入れて開通確認するための端末が必要となります。
MNP乞食初心者の方は、端末をお持ちでないかもしれませんので注意が必要です。

3月のMNP案件直前でもOK!最速のリンクスメイト!

nuroモバイルよりも少し作成に費用がかかりますが、最速MNP弾となるLinksMate(リンクスメイト)もオススメです。
ドコモから回線を借りているので、au or ソフトバンクへのMNP弾となります。

LinksMate(リンクスメイト)が他のMVNOに比べてダントツで優れているところは、MNP転出に要するスピードが最速なところです。
なんと、SIMカードが手元に届いていない段階でもMNP転出申し込みが可能で、MNP転出申し込みの翌日から転出が可能となるのです。
もちろん開通確認も不要です。
SIMカード発送の連絡があった直後にMNP転出申し込みができてしまうのです。

理論上、最速の4日でMNP弾が作成できてしまいます。
しかもSIMが届いてからではなく新規契約の申し込みをしてからの起算です。

それでいて短期解約による違約金がかからないため、MNP弾の作成費用はわずか9502円なのです。
※新規契約事務手数料3000円+SIMカード発行手数料400円+1ヶ月分基本料金500円+1ヶ月分音声通話600円+ユニバーサルサービス料2円+SIMカード削除手数料3000円+MNP予約番号発行手数料2000円

3月のMNP案件直前にMNP弾を作成するのであれば、もうリンクスメイトしかありません。
メリットだらけのようにも見えますが注意事項もありますので、リンクスメイトに関しては注意事項をまとめさせていただきます。

リンクスメイトMNP弾を作成する際の注意事項

  1. 1回線ずつの申し込みしかできない!
    1回線目の決済が完了し、SIMの発送通知があった段階でもう1回線の申し込みができるようになります。
  2. 開通作業は不要!最短8日後にMNP転出が可能
    SIMが届いてから最短で8日後にMNP転出ができますが、MNP予約番号の発行は受付完了後、1日〜2日程度かかるので10日見ておく必要があります。
  3. 2つの回線から選べる!
    前述した通りドコモ回線 or ソフトバンク回線のいずれかを選択することができます。

LINEモバイルという選択肢もあり!

最も美味しかったキャンペーンは終わってしまいましたが、LINEモバイルも3月までは選択肢から外さない方が良いでしょう!
また同様の儲かるMNP弾が作成できる案件が登場するかもしれません。
私が契約した時はMNP弾を1つあたりで約1764円の利益が出ました。

ただし、私が契約した時と比べると審査が厳しくなっているという話も聞きますし、1日契約できるのは1名義に付き最大2回線までということや、1世帯で5回線までしか保有できないので大量のMNP弾を作成することはできません。

3月のMNP弾 まとめ

当ページをご覧いただければ、2019年3月のMNP弾が足りない!という心配も杞憂に終わると思います。
3月のMNP弾は直前でも作ることができますからね!

とりあえず2月中旬まではOCNで儲かるMNP弾が作成できる案件が降臨するのを待ちましょう!
タイミング悪くキャンペーンに絡めなかった方や、それでもまだ弾が足りないという方は、nuroモバイルをオススメします。

ちなみにすでに3月になってしまっているという場合でも大丈夫です。
リンクスメイトのような安価なのに最速でMNP弾が作れるMVNOがあります。

乞食ブロガー住谷
私が3月までに必要なMNP弾は13発です。
OCNモバイル案件で3名義×3発、残りの4発をnuroモバイルで確保できれば上出来だと思っています。

でも恐らくすんなりはいきません。
審査でNGを食らってしまった場合は、b-mobileやリンクスメイトで残りのMNP弾を用意しようと思っています。

最新情報をLINEで配信します!

3月のMNP弾 儲かるお得情報をLINEで配信している画像
最新MNP情報儲かるショッピング情報を配信する住谷LINEを開設しました!
是非、友だち追加をお願いします!!
 ↓ ↓ ↓
乞食ブロガー友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です