デリケートゾーン

デリケートゾーン トラブル解決特集!

女性特有のデリケートな悩みを何とかしたいという方のためのページです。
人には相談できないことは、ネットで解決!

ご紹介している商品も全て通販でこっそり買えるものばかりです。
シークレット購入でこっそりケアできます。

デリケートゾーン トラブル一覧

デリケートゾーンのトラブルで当サイトの口コミ投稿フォームに寄せられる悩み・相談は、いくつかのタイプに分けることができます。
概ねこのようなことに悩んでいる方が多いようです。

  • デリケートゾーンの黒ずみ
  • デリケートゾーンの色
  • デリケートゾーンの臭い
  • デリケートゾーンのかゆみ
  • デリケートゾーンのかぶれ
  • デリケートゾーンの痛み
  • デリケートゾーンの吹き出物
  • デリケートゾーンのムレ
  • デリケートゾーンの保湿ケア
  • デリケートゾーンの除毛(毛量を減らす)
  • アンダーヘアの処理(毛の残し方)
  • おりものの量

ちなみにお悩み数で一番多いのは、臭いです。
ムレや黒ずみについても悩みを抱えている人が多いのですが、臭いに関しては夏前から大幅にご相談数が増えます。

その次あたりだと、生理中のお悩みも多いです。
生理中の痛みやかゆみです。
生理中に生じる特有のムレやかぶれもあります。

最近になって増えてきたのが、黒ずみ部分のケアに関してです。
色について悩みを抱えている女性もいらっしゃいます。

実際に色をキレイなピンクを目指すために使用して効果を期待するというタイプのデリケートゾーン専用の美容石鹸やクリームなども人気です。
普段は見えない隠れた部分にまで「美」を意識する女性が増えているようにも思えます。

このお悩みの中には解決できないものも少なからずありますが、デリケートゾーン・アンダーゾーン専用の化粧品でしっかりケアできるものばかりです。

デリケートゾーン専用のケア商品を使いましょう!

どのような美容商品を使えばデリケートゾーンの悩みを解消できるのか?
誰かに相談したいけれども恥ずかしくてできない人が多いことでしょう。

トラブル改善の商品を購入したいけれどもお店で探したり、購入するのは恥ずかしい!
クリニックに行くのは恥ずかしい!
自由診療だと金額が高すぎる!

そんな女性の声に応えるべくデリケートゾーンのトラブル解決に特化した美容商品もピックアップし、特集しました。
各商品のデリケートゾーンへの効果や商品購入者のレビュー・体験談・口コミ情報も豊富に揃えています。
悪い情報も良い情報も全て公開しています。

デリケートな部位ですから、トラブルを悪化させて病院に行くことがないようにしっかりと対策・ケア・サポートをしましょう!
こちらに掲載しているオススメのデリケートゾーン商品はほぼ全てがメーカー公式サイトから購入できるようにしてあります。

つまり卸売り特価での購入が可能なのです!
お財布にもやさしいのです!
さらには、キャンペーンによるプレゼント付きの商品もあります☆

是非、じっくりとご覧になってください。

デリケートゾーン商品では今これが売れています!
デリケートゾーン専用のクリームジェル『プリンセスアンダー』です。
デリケートゾーンの臭いをなくします!

▼▼臭い対策のプリンセスアンダーの激安購入はこちら
デリケートゾーン
 ↑  ↑
PCまたはスマホでクリック!

デリケートゾーン 臭い対策法

デリケートゾーンのお悩みの中でも、多くの方が気になるのが臭い。
デリケートゾーンの臭いの原因は細菌です。

特に病気などがなくても、ストレスや体調の変化などによって臭いが強くなることがあります。
また加齢でにおいが強くなることもあります。

でも臭いを消そうとして、香りの強いボディソープを使うのは大きな間違い!
臭いの元である細菌をケアできる成分が入っているもの、そして刺激の少ない石けんやボディソープを選ぶことが大切です。

できればデリケートゾーンの専用ソープでケアするのがおすすめです。
当サイトでも専用ソープをご紹介していますので、是非ご確認ください!

デリケートゾーンに吹き出物ができてしまった時の対処法

意外かもしれませんが、デリケートゾーンは身体の中でも吹き出物ができやすい部位です。
デリケートゾーンは汗腺が多くあり、毛穴に皮脂や汗などの汚れがつまりやすく、また下着などで蒸れやすいため吹き出物ができやすいのです。

敏感なデリケートゾーンの吹き出物はどのようにケアすれば良いのでしょう?

デリケートゾーンの吹き出物を防ぐために大切なことは、まず清潔に保つこと。
かといって、通常のボディソープでゴシゴシ洗うのは負担になります。
低刺激なデリケートゾーン専用のソープでやさしくお手入れしましょう。

そして下着の素材を通気性の良いものに変えることで、デリケートゾーンへの負担を減らせます。
アンダーヘアのお手入れも、カミソリや毛抜きで皮膚を傷つけないよう、直接肌に触れない電気シェーバーを使うのがおすすめです。

デリケートゾーンの慢性化しているかゆみにオススメの対処法

なかなか周りの人に相談できないデリケートゾーンのかゆみ。
原因として考えられるのは、かぶれ感染症です。
感染症の可能性が少しでもあるのならば、一度病院を受診しましょう。

かぶれによるかゆみは、下着や生理用ナプキン、おりものシートが原因で起こりやすくなります。
デリケートゾーンの皮膚は他の部分と比べて薄く、粘膜にも近いためとても敏感です。

1日中下着を付け、ナプキンやおりものシートも装着するため、肌との摩擦でかぶれを起こしやすく、汗や経血、おりものなどで蒸れやすくなっています。
湿気で雑感が繁殖しやすくなり、かゆみだけでなく臭いの原因にもなります。

かゆみが我慢できないときは市販のデリケートゾーン専用のかゆみ止めを使用するのがおすすめです。
市販のかゆみ止めは、かゆみを感じさせないようケアする成分や殺菌効果が期待できる成分が入っており、かゆみそのものはかゆみ止めで抑えられます。

でも原因となることを改善しない限り、一時しのぎにしかなりません。
かゆみを感じた時は、まずきちんと原因を把握し、かゆみの原因そのものを解消することを考えましょう。

まず毎日身につける下着は肌に負担をかけていないでしょうか?
通気性を考え、シルクや綿素材のもの、タイトすぎないもの、速乾性が高いものがおすすめです。

また生理用ナプキンやおりものシートはこまめに取り替え、清潔に保つことを意識しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのケア

デリケートゾーンの皮膚は、実はまぶたよりも薄くダメージを受けやすいため、黒ずみができやすい部位です。
黒ずみの主な原因は、ムダ毛の処理や下着の摩擦などの刺激から守ろうとしてメラニン色素が過剰に分泌されることで起きる色素沈着です。

30代を超えると黒ずみが悪化すると言われるのは、30代あたりから肌の生まれ変わりのサイクルが遅れ始め、色素沈着が肌に残ってしまうためです。
下着の締め付けなどでてきる腰回りやビキニラインの赤みも、毎日積み重なることで黒ずみになってしまうのです。

黒ずみをケアする上で大切なことは、摩擦や乾燥のダメージから皮膚を守ること。
まず第一歩として、毎日身につける下着を見直してみましょう!

デザインを優先して、サイズが合っていないもの、締め付けの強いものになっていませんか。
デリケートゾーンを美しく保つためには、下着にもこだわり肌をいたわってあげましょう。

そして、黒ずみが残らないような肌の生まれ変わりのサイクルも意識して毎日のケアを行いましょう。
負担の少ないソープでやさしく洗浄してから、保湿を行うというシンプルなステップです。
継続して、美しいデリケートゾーンを目指しましょう!

敏感な時期にデリケートゾーンを洗う時はどのような石鹸を使うべきか

デリケートゾーンを清潔にしようと思うと、ついつい念入りにゴシゴシ洗ってしまいがちです。
しかし膣内は自浄作用を持っているので、念入りに洗いすぎると逆に負担になってしまいます。

デリケートゾーンは洗いすぎると肌を守る常在菌まで洗い流してしまいニオイやかゆみ、黒ずみなどの原因となります。

引用元:デリケートゾーンの「黒ずみ」「におい」「かゆみ」脱毛対策ブログ

デリケートゾーンの正しい洗い方を行うだけで、ダメージを減らし、かゆみや匂いなどのトラブルも軽減できます。

実は、普通の石鹸やボディソープを使うことが、トラブルの原因になることもあります。
普通の石鹸は、洗浄力を高めるためにアルカリ性のものが多いです。

アルカリ性のものは刺激が強いため、粘膜を傷めてしまう可能性があります。
目に石鹸が入ると痛いのと同じで、デリケートゾーンの粘膜に石鹸が入ることで負担となってしまいます。

デリケートゾーンを洗うときには、なるべく刺激にならないよう肌と同じ弱酸性のものがおすすめです。
デリケートゾーン専用のソープは弱酸性に作られているものが多く、負担なく洗うことができます。

洗いすぎや強い力での洗浄は禁物。

手に取って泡立て、指の腹でやさしく洗いましょう。
一通り洗ったら、ぬるま湯で丁寧に流してください。
熱いお湯や洗い残しもトラブルの元ですので気を付けてください。

また、黒ずみの悪化をケアするジャムウやパパイヤ、保湿の効果が期待できるアロエなど、お悩みに合わせた成分が配合された石鹸を選ぶことも重要です。

ジャムウ配合の薬用ソープがベスト!
おすすめは薬用イビサソープです。

薬用イビサソープの販売ページへ

ダメージを与えないデリケートゾーンの除毛方法

アンダーヘアの自己処理は肌ダメージが大きく、トラブルが起きやすくなります。
トラブル予防のため、正しい自己処理の方法を知っておきましょう!

ステップ1:デリケートゾーンを清潔にする

毛の処理をする前に清潔にしましょう。
専用のソープを使用するとより良いです。

ステップ2:デリケートゾーンを温める

ダメージ軽減のため、デリケートゾーンを温め柔らかくします。
蒸しタオルを5分ほど当てることで、皮膚とアンダーヘアのどちらも柔らかくなります。

入浴中は湿度と温度が高くなり雑菌が入りやすい環境です。
入浴時は避け、お風呂から上がった直後に水分を拭き取ってから処理しましょう。

ステップ3:アンダーヘアの長さを調整

処理がしやすくなるよう、アンダーヘアの長さを1〜2cmを目安に整えます。
熱で毛先を丸く焼き切ることができるヒートカッターで処理すると、ハサミのようなチクチク感やかゆみを防止できます。

ヒートカッターのおすすめはコレ!
LCのVライントリマーです。

アンダーヘア専用ヒートカッターVライントリマーの購入ページへ

ステップ4:不要な部分をシェービング

ショーツからはみ出してしまうビキニラインを剃ります。
剃る時は、肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。
理想のアンダーヘアの形の型紙をあて、はみ出た範囲の毛を処理するとデザインしやすいです。

ステップ5:デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンは乾燥しやすい部分です。
毛の処理後は肌が敏感になっているので、必ず保湿しましょう。

保湿だけでなく黒ずみへの効果が期待できる成分が含まれてるいるデリケートゾーン専用のクリームがおすすめです。

ダメージを与えずにデリケートゾーンの毛量減らす方法

下着や水着からアンダーヘアがはみ出してしまうのは恥ずかしいですよね。
また見た目の問題だけでなく、アンダーヘアの毛量を減らすことで、蒸れを抑え臭いの軽減にもつながります。

手軽に行うなら自己処理になりますが、カミソリだと肌表面の薄い皮膚を削ってしまうリスクがありますし、はさみでカットしてもチクチクしてかゆみの原因になってしまうこともあります。

そこでおすすめなのがアンダーヘア専用のヒートカッターです。
電熱線で毛先を丸くカットするので、肌へのダメージやトラブルもありません。

また金銭的にも余裕がありしっかりケアしたいという方は、脱毛サロンでプロにお任せするのもおすすめ。
予約が取れないという話もよく聞くので、契約前に必ず確認しておくと安心です!

デリケートゾーンの毛の残し方

アンダーヘアがないとデリケートゾーンの蒸れや臭いも抑えられるので、ハイジニーナ(全剃り)も人気ですが、人に見られるのが恥ずかしいという方はある程度残しておくと安心です。
アンダーヘアのデザインについて知らないというのために、いくつか紹介します。

女性からだけでなく、男性がパートナーに求める整え方としても人気なのが「逆三角形」です。
Vラインを少し小さめの逆三角形に整え、下着や水着からはみ出ないようにでき、なおかつ自然に仕上げられるのでおすすめです。

また女性らしい丸みを残した「たまご型」、アンダーヘアの面積が少なめで長方形型の「I型」もあります。
どの形にする際も、あらかじめ整える形を決めておくと失敗しません。

後で落とすことのできる水性の蛍光ペンなどで目印をつけておくとよいでしょう。
またアンダーヘア処理専用の型紙もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

アンダーヘアの処理におすすめはコレ!
LCのアンダーヘアケアはじめてセットです。

アンダーヘアケアはじめてセット購入ページへ

デリケートゾーン

アンボーテ フェミニーナウォッシュ 住谷杏奈プロデュースのデリケートゾーン用保湿美容液ソープ

日本初のオーガニックケア商品! アンボーテ フェミニーナウォッシュ デリケートゾーンのことで何かお悩みではありませんか? もしそれが、臭いでしたらきっと役に立つサポートアイテムがあります。 あの住谷杏奈がプロデュースした…