元看護士で現役のエステティシャンがおすすめのピオリナの使い方を解説!

化粧水をたっぷり染み込ませたコットンでスキンケアをしている女性の画像

完全プロ仕様なのにだれでも真似できるそのケア方法! ピオリナ 使い方 講座!

漢方が含まれているピオリナは、赤ら顔専用の化粧水として有名になりました。
赤ら顔のケアで重要なポイントは、保湿です。

すべてのスキンケアにおいて保湿は重要ですが、赤ら顔の人は特にです。
今までの肌トラブルが原因で肌が薄くなり赤く見えやすい状態になっていますので、ちょっとした刺激にも負けない肌づくりが課題となるでしょう。

そこで、今回は元看護士で現役エステティシャンが推奨するピオリナのおすすめの使い方をご紹介します。


当記事はエステティシャンのshimaramu先生が監修しました。

看護師でエステティシャンのshimaramuの画像

【プロフィール】
看護師でありエステティシャンでありプライベートサロン経営者。
看護師時代の知識を活かしながら健康相談も兼ねて、内と外からキレイにをモットーにプライベートサロンを営んでいる。
イベントなどに主催側として参加するなど、美容に関する知識と経験が豊富。

ピオリナ 使い方 質問5点をピックアップ!

大人キレイの口コミ投稿フォームよりピオリナのおすすめの使い方を知りたいといった内容の投稿がありました。
赤ら顔に悩んでいる方は結構多いみたいですね!

質問の内容は主に5つに分類できました。

  1. 美容マニアチームで一番スキンケアに詳しい人はどうケアすべきとの見解ですか?
  2. まとめて一気に使うのと、こまめに分けて使うのとではどちらが良いですか?
  3. 化粧水だけできちんと保湿する方法はありますか?
  4. 余計な追加出費をしないでさらに高い効果をする使い方はありますか?
  5. 毛細血管が浮き出るのはケアできますか?

これらの質問に答えるべく、看護師でありエステティシャンのshimaramu先生の力を借りました!
プロ仕様の簡単ケアを是非、参考にしてみてください。

ピオリナを使ったエステティシャン推奨のケアの手順と方法

おすすめの使い方とは言ってもとっても簡単に誰でもできるようなものです!
たったの3つだけ!
これを実践するば、さらに高いスキンケアができます!

数回に分けて肌につける

一度にたくさんつけようと思っても、なかなか化粧水が入っていきませんので数回に分けてつけてあげると良いでしょう。

化粧水を肌に馴染ませている女性の画像

人によって感じ方は様々ですが、しっとりと肌が吸い付くくらい使うとベストです。
化粧水をたっぷり使うことで、乳液やクリーム等で保護したときに乾燥しにくくなります。

気になるところにはコットンパック

乾燥が気になるところや赤みが気になるところには、コットンパックをおすすめします。
普段使いのコットンにピオリナをたっぷり含ませ、気になる部分に貼ります。

化粧水をたっぷり染み込ませたコットンでスキンケアをしている女性の画像

数分程度で十分ですが、乾燥するまで置いておくと逆効果ですのでご注意ください。
パック効果を長持ちさせたい場合には、コットンの上にラップをすると蒸発を軽減することができますので、より保湿効果が期待できます。

冷やして使う

化粧水はものにもよりますが、冷やして使うと引き締め効果が期待できますよ。
血管は冷やすことによって収縮し、温めることによって拡張します。

ピオリナ化粧水を使う分だけコットンに染み込ませてラップしてから冷蔵庫や冷凍庫に入れるというのが良いでしょう!
5分程度入れておくだけで十分冷えますよ!

冷蔵庫の画像

特に赤ら顔の人は、毛細血管が拡張されたままで赤く見えてしまうので冷やしてみるのも一つの方法ですね。
夏場は気持ちいいですが、冬場は寒いため無理に冷やす必要はありませんので、ご自分の好みに合わせてください。

まとめ

ピオリナのおすすめの使い方は、数回に分けてつける気になるところはコットンパックをする、化粧水を冷やす、の3点をご紹介しました。

赤ら顔の人は体質的なものや肌トラブルの蓄積が原因の場合がありますが、ピオリナで結果を出している人も実際にいます。
人によって使う量も違いますし、どれくらいでどのくらい良くなるとも言い切れませんが結果はあなた次第です。

荒れていてもなんでも、毎日自分のお肌に感謝しましょう。
紫外線や浮遊物などの刺激から、数ミリしかない薄い皮膚で有害なものからあなたを守ってくれているのです。
頑張ったご褒美とまでは言いませんが、せめてスキンケアで労ってみてください。

▼▼ピオリナのお得な購入窓口はこちら▼▼
ピオリナ 使い方 チェックと購入ができるページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでクリックしましょう!


ピオリナの使い方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です