老け手の対策とケア!手をふっくらさせて若々しく見せる方法を公開!NHKのあさイチの改善法よりもオススメ!

本気の老け手対策!手のエイジングケア術を公開!

ヘアメイクアーティスト「トーノ」
皆様、老け手という言葉を知っていますか?
老け手というのは、読んで時の字のごとく、老けて見られてしまう手のことです。
私はヘアメイクアーティストなので、鏡越しに必ず見られてしまう「手」は命。
せっかくお客様の髪形が決まっても、手が老けて見えると完成度・満足度が半減してしまうこともあります。

手のエイジングケアに関しては、エステティシャンよりも「手」を使う美容のプロである私たち、ヘアメイクアーティストの方が詳しかったりします。
私は手は自分で言うのもなんですが、とてもキレイ💛
自信がありますので、多くの方から羨ましいな~と相談も受けます。

実際、私の周りにも老け手に悩んでいる人がたくさんいます。
そこで今回は私が実践している老けて対策・手のケアについてご紹介したいと思います。

老け手とは

老い手と若々しい手を比べている画像

老け手…。
嫌な言葉ですよね!

ところでなぜ老けて見られてしまうのでしょうか。
それはずばり、老け手という名称そのままに、手の老化によって引き起こされるのです。

手は、紫外線や、乾燥などによって、年を取るにつれてどんどん老化していきます。
通常皮膚というのは、表皮、真皮、皮下組織という三層により構成されているのですが、真皮中に含まれるコラーゲンエラスチンという皮膚のハリや、弾力性をつかさどる繊維が年齢と共に失われてしまうのです。

この繊維は全身の皮膚から失われていきますが、手の甲は体の他の部位にくらべ、皮膚が薄く、皮脂を分泌することもない部位なので、顕著に年齢感がでやすく、血管が浮き出て見えたりしやすくなってしまうのです。
この手の老化による老け手問題ですが、年齢に抗えない部分はもちろんあります。

ですが、ハンドケアによって目立たなくすることはできるのです。

老け手のセルフ診断方法

では自分が老け手かどうか知るにはどうしたらいいのでしょう?
もちろん最近手が老けてきたなぁと自分で感じることはあると思います。

血管が浮き出てきたり、乾燥が目立ってあかぎれ、ささくれなどを繰り返してしまったり。
そのような方は老け手と思って間違いないでしょう。

また、紫外線により手にしみができている方も老け手に属する手をお持ちです。
そして一番分かりやすいのは、自分の手の水分量油分量を測れるチェッカーを使うことです。

老け手かどうかを測ることのできる水分・油分チェッカーの画像

上記のチェッカーは、44%が水分で、29%が油分です。
ちなみに老け手ではない理想的な数値です。

チェッカーがない方は、サロンで見てもらってもいいですしが、今はお安くチェッカーも売られているので、一つ持っていると便利です。
スマホアプリと連動している便利なチェッカーもあります。
楽天でお安い価格で販売していますよ!

スマホと連動しているスキンケアチェッカーの画像

また、昔の自分の写真を見てみると分かりやすいと思います。
これから、ハンドケアをはじめるにあたり、毎日手の写真を撮るというのも効果が実感できていいですよね。

手の老化の改善方法

手の老化の改善方法を提案するイメージ画像

そんな老け手を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。
何事もそうですが、悪いところを改善するには、現状の把握と、自分の悪いところを理解することが大切です。

老け手の原因追及

  • なぜ今、あなたの手はなんで老け手見られてしまうのでしょうか?
  • なぜ老けてしまったのでしょうか?
  • 紫外線対策は十分だったでしょうか?
  • 手を洗ったあとなどは乾燥を防ぐためにハンドクリームを塗ったりしていましたか?
  • バランスのいい食事を心がけていましたか?

これらを自問自答し自分の今の状況を理解することで、自ずと改善策も見えてくるはずです。

手をふっくらさせる方法

手がふっくらしなくなるのは、多くの場合、コラーゲンが失われてしまうからです。
コラーゲンは紫外線によるダメージにより壊れて失われていってしまいます。

ですので、このコラーゲンを守るために、徹底的に紫外線ダメージを避けることが大切です。
日焼け止めを塗るのも大切ですが、どうしても頻繁に洗う部位ですので、できればUVケアの手袋を常時していてほしいです。

紫外線にはUV-A波UV-B波という二種類の波長があります。
A波は波長が長いため、真皮まで到達し、繊維細胞を破壊し、シワやたるみの原因となります。

対するB波は波長が短いため、真皮には届きませんが、表皮に炎症をもたらし、しみの原因となります。
このA波は、ガラス窓なども透過してしまうため、屋外にいるときだけでなく、室内でも常時UV手袋の着用をオススメします。

また、日焼け止めを選ぶ時はSPFがB波を防ぐ効果、PAがA波を防ぐ力の度合いのことですので、自分の生活スタイルや、いつ使いたいのかなどを考えて選択しましょう。

手の血管を目立たなくする方法

手の血管が目立つのは上に挙げた肌の弾力性が紫外線によって失われていることが原因の場合もありますが、その他に生活習慣が関係していることも多いです。
極度の痩せ型の方は、やはり脂肪が少ないのでどうしても血管が浮き出てしまいます。

その他にも喫煙の習慣がある方や、食生活が乱れている方、飲酒の習慣がある方などは血管が浮き出てきてしまいます。
ですので、まずは生活習慣を見直し、血管を若々しく保つことで、手の血管は徐々に目だたなくなっていくでしょう!

また、上に挙げた紫外線のケアを徹底することが大切です。
紫外線のケアと、生活習慣の見直しを行うことで手の甲の気になる血管をケアできます。

手をすべすべにしてシワを目立たなくする方法

手をすべすべにするには保湿がなによりも大切です。
しわしわだったり、乾燥している手ではとてもじゃないけど若々しくなんて見えないですよね!

手は体の中でも乾燥しやすい部分です。
それはなぜかと言いますと、皮脂を分泌しないからというのもありますが、とにかく頻繁に洗う部位だからだと言えます。

一日の中で、食器を洗うときや、お風呂にはいるとき、お手洗いにいった時など、とにかく頻繁に手を洗うと思います。
その度に洗剤やシャンプー剤に含まれる界面活性剤という洗浄成分で手の油分や水分は失われていってしまうのです。

ですので、とにかく大切なのは保湿。
できることなら手を濡らす度にハンドクリームで保湿しましょう。

それができないのであれば、食器を洗う際などはなるべく手袋をして、強い洗浄成分に手が触れないようにしましょう。

そして睡眠時には手に化粧水をなじませ、ハンドクリームで蓋をしたあと、ナイトケア用の手袋などをして寝る習慣をつけましょう。
手も肌と同じで、油分の多いクリームや乳液をつける前に化粧水でお肌の状態を整えてあげることが大切です。

NHKのあさイチで特集された老け手の改善方法

NHKのあさイチという番組で、老け手の改善方法が特集されていたのを見ました!

番組内では、上に挙げた改善方法も紹介されていましたが、その他に避けるべきこととして、日焼け止めの使用などが含まれていました。
日焼け止めには紫外線散乱剤が含まれるため、これが肌への刺激になり得るから、という理由です。

紫外線散乱剤はたしかに刺激になりえる成分ですが、なかなか常時UV手袋を着用するのは難しいと思います。
仕事中に手袋をするわけにいかない方や、手袋が嫌いな方などは日焼け止めの使用を私はオススメします。

そのままの肌で受ける紫外線によるダメージとくらべれば、日焼け止めに含まれる紫外線散乱剤によるダメージは我慢できるダメージだと思うからです。
もちろん人によって肌に合う、合わないはあるので、一概には言えませんが、日焼け止めは決して悪いものではないと思ってほしいです。

美容のプロオススメのハンドマッサージ

ハンドクリームや化粧水のケアとともに併用してほしいのが、ハンドマッサージです。
ネイルサロンに行ったことがある方なら分かるかもしれませんが、手のマッサージって意外と気持ちがいいものです。

オススメなのは、自分の手を一通りぎゅーっとつまんでみて、気持ちいいと感じる部分を重点的に指圧することです。
その時、爪を立てないように気を付けてくださいね。

その後、全ての指を一本ずつ、反対側の手の人差し指と中指で挟んで、根本から指先に血がめぐるように擦りあげてください。
そうすることで指先の血流が良くなり、冷え性のケアなどに繋がります。

ハンドクリームでのケアを推奨!

ハンドクリームを塗っている女性の手

今まで散々述べてきましたが、とにかく大切なのは手を乾燥させないこと!
そのためにはハンドクリームでのケアがとっても大事になってきます。

どうしても水分や油分は失われていってしまうものなので、手を洗う度に油分の多い、なるべく粘りのあるハンドクリームで保湿することが大切なのです。
とくに冬は乾燥する季節ですので、頻繁にハンドクリームを塗り直しましょう。

手が若返るハンドクリームはあるのか

手が若返るハンドクリーム!
とっても魅力的なクリームですよね!

でも結論から言うと、手が若返るハンドクリームはないです。
というのも、手が本当に若返るハンドクリームなんてあったら劇薬すぎて、とてもじゃないけど個人で購入なんてできないですもんね!

ですが、まるで若返ったかのように、「手が綺麗だね」と誉められたり、白魚のように輝く手を目指せるハンドクリームは存在します。
世の中には保湿目的だけではなく、老け手に悩む女性のために、エイジングケアとして販売されているハンドクリームも存在するのです。

私も手を使う職業故に、手の年齢感はとっても気になっていました。
ですが、下記でご紹介するエイジングケア用のハンドクリームを使用することで、自分の手に自信が持てるようになってきました。

老け手対策専用のハンドクリームの選び方

世の中には、老け手対策用、エイジングケア用のハンドクリームが多数存在しています。
無数に存在する化粧品の中から自分に本当に合ったものを見つけ出すのは、とっても大変ですよね。

ですので、あくまで指標として説明しますと、ジェルのように水分が多いものではなく、なるべくこってりと重いハンドクリームが老け手対策にはオススメです。
ジェルのようなものは乾燥しやすく、老け手の対策としては保湿力が物足りないことがあるのです。

そして、次に気をつけたいのは配合されている成分。
エイジングケアと言いつつ、ただの保湿ハンドクリームと変わらない成分が配合されていることもあるので、きちんと全成分を確認してから購入しましょう。

また、最近はボタニカルエキスが配合されているものも多いので、自分のアレルゲンになり得ないかをしっかり確認しながら選ぶことが大切です。

迷っている方にはハンドピュレナがオススメ!

ハンドピュレナのテクスチャを試すために手に塗ってみた画像

以上のことを踏まえて、私がオススメするのはハンドピュレナというハンドクリームです。
私は実際にハンドピュレナというハンドクリームを使用していますが、使用感もよく、しっかり保湿されて手がふっくらしてきたのを実感できました。

また、ハンドピュレナにはよくありがちな強い香料が含まれていないので、色んな場面で使いやすく、気になったときにちょちょいと塗り込めるのです。
電車の中や、飲食店でも気にせずに使えるのは嬉しいです!

ハンドピュレナには様々な美容成分、エイジングケア成分が含まれていますが、どれも刺激が少なく肌の弱い方でも使いやすいというのもポイントです。
他にも多数のエイジングケア商品がありますが、ハンドピュレナはお値段的にも、成分的にも、一番オススメのエイジングケアハンドクリームと言えます。

下記より自信があるからできるという全額返金保証付きでの購入ができます!

老け手 対策と理想のケアのまとめ

ヘアメイクアーティスト「トーノ」
老け手になる理由は様々ですが、その大部分を占めるのが乾燥と、紫外線によるダメージです。
年齢に抗えない部分ももちろんありますが、できることならいつまでも若々しく輝く手でいたいですよね。
毎日ちゃんと気を付けることで、確実にあなたのお肌は応えてくれます。
「綺麗な手だね!」と誉めてもらえるように毎日、手のエイジングケアも頑張りましょう!!

美容のプロ、ヘアメイクアーティスト「トーノ」がオススメするハンドピュレナは下記の公式サイトからお得に購入できます!

3連矢印

老け手 対策とケアにおすすめのハンドピュレナ割引購入ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です