糖質が大好きな方必見!管理栄養士おすすめのアルバリコス活用法と甘いもの摂り過ぎ対策!

アルバリコス 公式サイトの販売ページへ

糖質ばかり摂ってしまう方におすすめのダイエットを管理栄養士がアドバイス!

私たちの活動のエネルギー源として欠かせない栄養素の一つである糖質
糖質を摂ると、体内で変換され活動のエネルギー源として消費されます。

もし摂りすぎると、エネルギーが過剰になり体の中で余ってしまいます。
行き場のないエネルギー源は体脂肪に変わり、蓄えられます。
それが太ってしまう原因です。

太らないために、もしくはダイエットを成功するための方法で良く知られていることは2つです。

  1. 糖質を摂りすぎない(摂るエネルギーを抑える)
  2. 体を動かして消費量を増やす(使うエネルギーを増やす)

あまり知られていないですが、もう一つの方法があります。

糖質を吸収されにくくする!

そのカギを握るのが「αアミラーゼ・インヒビター」という成分です。
αアミラーゼ・インヒビターはサプリなどでも配合されることが増えています。

糖質の吸収を完全阻害まではできませんが、吸収を穏やかにする効果は期待できます。
つい、食事で糖質が多くなってしまう方にとって、心強い味方です。

※当記事は管理栄養士「まかむら」が執筆させていただきました。

糖質が多くなってしまう生活とは‥?そして糖質の上手な摂り方とは?

こんなことに当てはまらないでしょうか。

  • ご飯が好き。毎日ご飯をお代わりしてしまう
  • ラーメン、パスタ、うどんなどの麺類が大好き
  • 甘いものが好き。毎日のおやつが欠かせない
  • カフェに行くとスイーツや甘いラテを頼んじゃう

意外とあてはまる方は多いのではないかな、と思います。
レストラン、カフェ、コンビニ。

身の回りには糖質があふれているからです。
ダイエット中は、糖質を摂りすぎないように自分でセーブする必要があります。

かといって、糖質をゼロにすることをお勧めしているのではありません。
糖質は体に必要な栄養素なので「適量」摂る必要があります。

ごはんの場合、1食の目安は「握りこぶし1つ分」です。
おやつは1日1回、200kcalが目安です。

また、夜9時以降は極端に活動量が減り、代謝が落ちる傾向があります。
なるべく糖質は夜8時までにして、それ以降は糖質オフにすることがおすすめです。
誘惑に負けて、それ以上の量になってしまった場合は、次の食事で糖質を減らすなどして調整できれば太ることはありません。

アルバリコスの上手な使い方(飲み方・飲むタイミング)

糖質の摂り方、適切な量をお伝えしましたが、それでもどうしても実践が難しい場合があるかと思います。
救済策として、「食物繊維の力を借りる」という方法があります。

野菜、きのこ、海藻類に含まれる食物繊維は、糖質の吸収をおだやかにする役割があることが分かっています。
食事で、毎食かならず野菜を先に食べるようにすることで、上手に糖質コントロールをしましょう。

「野菜を摂ることもなかなか難しい…」
そんな方もいらっしゃるかと思います。
そんな方はサプリの力を借りるのが一つの方法と言えます。

当サイトでもご紹介しているアルバリコスには、糖質すっきりをサポートすることが期待できます。

夜遅い食事の前や、1日の始まりのタイミングで摂るのが理想です。
むしろ、食後はすでに糖質の吸収が起こっています。

そのタイミングでは、なかなか効果が期待できないのでおすすめできません。
必ず食前に摂るようにしましょう。

アルバリコスの飲み方 まとめ

管理栄養士としておすすめのダイエットとアルバリコス活用方法をまとめると‥

  1. まずは自分のできる範囲で余分な糖質を控える
  2. 野菜を最初に食べる習慣をつける
  3. それでもできなかった場合、アルバリコスの力を借りる

以上の3点です。
ダイエットの成功には継続が重要です。
自分にできる方法で、楽しく続けていきましょう。

▼▼アルバリコス(ALBALICOS)公式通販サイトへ▼▼
アルバリコスの飲み方 活用法がまとめられている公式サイトの販売ページへ
  ↑  ↑
スマホやPCでクリックしましょう!

糖質ばかり摂ってしまう方におすすめのダイエット+アルバリコスの飲み方

管理栄養士まかむら先生の画像

【経歴】
・全日本病院協会認定指導士
・大手電機メーカーで社員食堂栄養士
・クリニックでのダイエットカウンセリング(600名以上)

【プロフィール】
自分自身のアレルギー発症やなかなか痩せないダイエット経験があり、高校生の頃から、食と体の繋がりに強い関心を持ち、管理栄養士を志しました。
今では、関わる患者さんやお客様のサポートをすることにやりがいや専門職としての喜びを感じております。
これまでの経歴から管理栄養士としての専門分野は生活習慣病予防、ダイエットです。
そして現在進行形で美肌・アンチエイジングの分野の栄養学を専攻しています。
日々の食事を健康的にデザインしたい方に、菅理栄養士としてお手伝いできればと思います。


アルバリコスの飲み方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です