hanasakimeisa 2017-04-24 http://otonakirei.net/%e7%be%8e%e8%82%8c/%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e9%85%8d%e5%90%88%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81/ セラミド配合化粧品 乾燥肌対策と美肌ケアに効果的なものをピックアップ! - 大人キレイ推進委員会(口コミランキングや最新コスメ情報、割引購入方法の他、実際に試した体験談も掲載中!)口コミ・評価も公開! | 大人キレイネット

セラミド配合化粧品 乾燥肌対策と美肌ケアに効果的なものをピックアップ!

公開日: / 更新日: 2017年04月24日 [美肌]

この記事は約 3 分で読めます。

セラミドで乾燥肌対策 セラミド配合化粧品 特集!
セラミドで乾燥肌から脱出可能!?
その機能をヒアルロン酸と比較してみました。

セラミド配合化粧品 その驚きの効果

お肌というのは、とても敏感です。
少しの変化で敏感に反応してしまうもの。
良い変化ならともかく、悪い方向に向かってしまうものなのです。

・乾燥
・にきび
・くろずみ
・しわ
・たるみ

このような様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
そんな敏感な肌をケアするのに、セラミドは最適!
最強の保湿成分と言われているのです。
今回は、セラミドの効果や機能についてまとめました。

セラミドって何?

角質層は、外界から肌を守っている機能があります。
セラミドとは、角質層の重要成分なのです。

具体的には、

・紫外線
・ホコリ
・ウイルス

と行った外敵から、肌を守ってくれるのが、セラミドと考えて大丈夫です。

セラミドは、表皮の一番上の角質層に存在するため、お肌に塗っても、浸透する可能性があります。
そのため、セラミド配合の化粧水や美容液は、保湿効果が高いのです。

セラミドは、水分を挟み込むことで、水分を維持します。
そのため、数ある保湿成分の中でも、水分保持力が高いという特徴があります。

だから、あなたが外出したときに、湿度の低い場所に行っても、セラミドを浸透させていれば、水分をキープできると言うことですね。

セラミドには種類がある

そんなセラミド。
実はセラミドにはいくつか種類があります。
あまりに細かくするとよくわからなくなるので、化粧品に記載されるセラミドについて説明したいと思います。

セラミドは大きく分けて下記の4つに分かれます。

・天然セラミド
・ヒト型セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

順に説明したいと思います。

天然セラミド

馬の脳や脊髄から抽出される動物由来です。
お肌に浸透しやすいのが特徴です。
この成分は高価です。
化粧品成分としては、ビオセラミド、セレブロシド、馬スフィンゴ脂質と表示されます。

ヒト型セラミド

酵母を利用して生成されたもので、バイオセラミドとも呼ばれます。
ヒトに会うように作られているので、保湿力が優れており、刺激が少ないです。
化粧品成分の表示は、セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなどです。
なお、ラピエルには、セラミドNPが配合されています。

植物性セラミド

コメやトウモロコシ、大豆、こんにゃくなど植物由来のセラミドです。
安価なのが特徴です。
植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖脂質と表示されます。

合成セラミド

化学的に合成したもので疑似セラミドと言われています。
安価ですが、天然セラミドやヒト型セラミドほど保湿効果はありません。
セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなどと表示されます。

ヒアルロン酸との違い

保湿成分として、ヒアルロン酸も有名ですが、どのような違いがあるのでしょうか?
セラミドは、水分を挟み込む形で保湿するのにたいし、ヒアルロン酸は水分を蓄えるという形での保湿効果になります。
そのため、ヒアルロン酸とセラミドを両方配合していれば、かなり保湿成分の高い化粧品といえるでしょう。

セラミドとヒアルロン酸どちらが有効?

セラミドもヒアルロン酸も乾燥肌に有効ですが、どちらがより効果があるのでしょうか?
気になったので調べてみました。
セラミドとヒアルロン酸の違いについてのまとめです。

セラミドは、表皮に存在しておりヒアルロン酸は、真皮に存在しているというように、存在する場所が違います。
セラミドの方が、表面で、ヒアルロン酸はもう少し表皮から深い部分と言うことですね。

セラミドの効果をおさらいすると、セラミドは、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質です。
そして、その役目は、細胞間を隙間無くうめ、外部からの刺激を閉め出すことにあります。
セラミドは、細胞間脂質の半分を占める成分で、セラミド1~7まであります。

次にヒアルロン酸ですが、網状の構造をしたコラーゲンやエラスチンの隙間を埋めるムコ多糖類の一種です。
ヒアルロン酸は、1gあたり6リットルという保水力を持ち、肌の弾力と潤いを保持する役割があります。
どちらも加齢によって減少する。

セラミドは、20歳を過ぎると徐々に減り始めます。
20代前後が100%とすると、40代で50%、70代では30%ほどになってしまいます。
いっぽう、ヒアルロン酸は、40代後半から減り始めます。

40代後半までは100%をキープしていますが、60代前後で50%、70代では、20%を切ります。
どちらも加齢によって、減少します。減少すると保湿力が低下し、しわやたるみの原因になってしまいます。

どちらが乾燥肌に効果があるのか?

結論から言うと、どちらも存在する場所が違うので、両方必要となります。
ただ、順番としては、ヒアルロン酸で、真皮の保水力を高めてから、セラミドでその水分を逃がさない。
というような形がベストです。

そうすれば、保湿とバリア機能を高めながら、肌の内部の水分が逃げない形となり、保湿にも、乾燥肌にも有効です。

セラミド配合化粧品の有効な使い方とおすすめ商品

セラミドは、化粧品の成分が浸透する角質層に存在するため、スキンケアで補うのが良いです。
化粧品に配合されているセラミドは下記のようものがあります。

・動物の脳や脊髄から抽出した天然セラミド。
・酵母をつかって、人間の皮膚に似せたヒト型セラミド
・こんにゃく芋やコメヌカ由来の植物性セラミド
・牛乳から抽出されたミルクセラミド
・石油合成された、合成セラミド

セラミドを単に配合しただけだと、角質層の一部にしか届かない場合もあります。
ですので、ナノ化させたセラミドなど粒子の細かいセラミドであること。
また、合成セラミドよりも、ヒト型セラミドや天然セラミドのようなより人間に近いセラミドを選ぶことが大切です。

おすすめは、エイジングケア化粧品としても有名なナールスネオです。
セラミド配合の美容液です。

セラミドで乾燥肌対策
 ↑  ↑  ↑
PCやスマホでクリック!


時間をかけずにケアをしたいのであれば、セラミド配合のオールインワンジェルですね!
温泉水と天然セラミドを主成分としているヴィタクト(ViTAKT)は、敏感肌の方に愛用者が多数います。

セラミド化粧品
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!!


セラミドが配合された美容石鹸もあります。
洗顔後に肌に潤いを与えるエンジェルホワイトパーフェクトソープです。

セラミド配合化粧品
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでこちらをクリック!

セラミドとヒアルロン酸についてのまとめ!

ヒアルロン酸は分子が大きいので、そのままだと真皮や、角質層まで到着させることが難しいのです。
そのため最近では、分子を小さくしたものも登場しています。
ですので、こちらもナノ化・高分子かしたものを選ぶと良いでしょう。

セラミドやヒアルロン酸含有のサプリメントやドリンクを飲むことによっても、肌の内部で生産されるセラミドやヒアルロン酸の量を増やすことが期待できます。
例えば人気のセラミドドリンクがあります。
あのエーザイのリッチセラミドです。
その名の通りセラミドをたっぷり配合!

セラミド配合ドリンク
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでこちらをクリック!

セラミドとヒアルロン酸の特徴を見てきましたが、どちらも大切で、どっちか一つというのはなかなか選びにくいというのが答えのようです。
ただ、年齢で言うと減少する年代が早いのはセラミドなので、若い人はセラミドを補充した方が良いでしょう。

どちらか一つを選ばないといけない場合には、若い方はセラミドが良いかもしれません。
逆に40代後半からは両方必要という状態になりますが、真皮からすることの方が大切になってくるので、ヒアルロン酸を優先した方が良いかもしれません。
でも、一番良いのは、ヒアルロン酸もセラミドも両方配合された美容液だと思います。

おすすめは美容液のラピエルです。
そのラピエルにはヒアルロン酸もセラミドも両方配合しているので、どちらか一つを選ばなければいけないという悩みを解消することが出来ると思います。

黒ずみ、ほうれい線ケア、保湿、ニキビなどあらゆる肌トラブルに対応したラピエルでキレイを実感された方も多いようです。
詳細はこちら!
是非、ご確認ください。

↓↓ゆんころプロデュースのナイトケア美容液ラピエル↓↓
セラミド配合化粧水
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでこちらをクリック!

こちらのページも読まれています。>>>毛穴、黒ずみを2週間で小さくキレイにする9つの方法


↑関連記事や続きはこちらをクリック♪

いつも応援ありがとうございます!
このサイトは、皆様が購入していただいた際の
紹介手数料で成り立っております^^
今後ますます、皆様に喜んでいただける情報を提供
してまいりますので、ぜひともご協力をお願い致します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

コスパも追求!大手通販サイトとの価格比較もしています!

大人キレイで掲載している情報は、口コミや体験レビュー、最新の美容情報だけではありません!
当サイトでは、新商品も無料モニター募集や初回1コイン購入、キャンペーン情報、その他の激安通販商品情報も公開しています。
また、お目当ての商品をお得に購入するためのコツなどもご紹介しています。
おすすめ商品の価格については、下記の大手通販サイトやオークションサイトと比較しています。

  • 楽天市場
    楽天と言えば、楽天スーパーポイント!
    ポイントアップキャンペーンの対象商品やタイムセールを利用して賢くポイントを貯めましょう!
    付与されるポイントを考慮すれば、お目当ての美容商品がメーカーサイトや公式サイトから購入するよりもお得なこともあります。
    何より商品が豊富ですからね!
    公式サイトで在庫切れでも楽天なら買えるということだってあります。
    あなたが楽天カードを持って入れば、もっとお得に買える場合も♪
  • amazon
    進化し続ける大手通販サイト!
    それがamazonです!
    企業の利益率が低いのは、お客様への還元率が高いからに他なりません。
    商品数・ジャンルともに豊富なので、店舗をいくつ探しても見つからなかったお気に入り商品が見つかるということもあるでしょう!
    ただ、詳しい説明が無いので、リピートの場合には良いですが、新規購入の場合にはちょっと不安かもしれませんね。
    ただ、大手通販サイトということもあり、当サイトではご紹介商品をamazonでの販売価格とも比較しています。
  • yahoo!ショッピング
    楽天ほどではありませんが、yahoo!ショッピングも似たような構成の通販サイトです。
    楽天の後発という感は否めませんが、ソフトバンクグループの参加ですからね!
    ここのチェックは欠かせません。
    今後は楽天を追い抜くかも?なんて期待もしています。
  • 価格.com
    価格.comで最安値や激安を調べる人も多いと思います。
    このサイト自体では、商品を販売していませんが、販売窓口へのリンクが貼られているので、購入できる感覚で利用している人も多いと思います。
    やはりお得にお目当ての商品を購入する上で、便利なサイトの一つです。
    価格.comを利用してどこがお得に購入できるかも調べて情報開示をしています。
  • @comse(アットコスメ)
    @comse(アットコスメ)は、価格比較目的ではなく、口コミチェック目的で利用する方が多いと思います。
    当サイトでも新商品の口コミ評価を調べる時に利用しています。
    良い口コミだけでなく、悪い口コミもチェックできるところが良いですね!
    ちょっと気になることは、最新の美容商品はなぜな口コミ評価が低いということ!
    この原因がわかれば美容コラムなどで配信していこうと考えています。
  • Wowma!(ワウマ)
    旧DeNAショッピング(デナショ)です。
    価格比較の他、ビューティーコスメ特集などの美容情報もチェックしています。
  • ポンパレモール
    リクルートのオンライン通販です。
    ポイント3%付与を考慮した上で、価格比較しています。
    ポイントサイトと連動しているので、上手に利用すれば賢くショッピングできる通販サイトです。
  • 東急ハンズネットストア
    ご存知、東急ハンズのネット通販です。
    日用品・生活雑貨の中には美容商品も含まれているので、価格比較に利用しています。
  • オークションサイト
    稀に信じられないような安値で買えることもある!
    そんな夢が詰まったサイトがオークションサイトです。
    上記の通販サイトと決定的な違いが、個人間でのやり取りです。
    そのため掘り出し物が見つかることもあります。
    その反面、梱包が雑であったり、一部が破損していたり、使いかけが送られてきたりすることもあります。
    最悪の場合、商品が送られて来ないという詐欺にあってしまう可能性もあります。
    少なくとも出品者の評価欄はチェックしなければなりません。
    「悪い」評価が全体の10%以上を占めている時は、入札・購入するのは控えましょう!
    また、化粧品やサプリに関しては中古品(開封済み)の入札・購入は控えてください。
    当サイトで価格比較をしているのは下記のオークションサイトです。
    mercari(メルカリ)、ヤフーオークション(ヤフオク)、楽天オークション、FRIL(フリル)、ラクマ。

<注意>
当サイトで公開している価格比較した上での最安値情報は、調査時点のものです。
そのため購入タイミングによっては、最安値情報が異なっている可能性もございますので、ご了承ください。
尚、ご紹介している口コミ情報については、個人の感想のため、効果・効能を保証するものではありませんのでご注意ください。

このページの先頭へ