赤ら顔

赤ら顔 ケアと対策特集!

赤ら顔の原因は1つではありません。

たくさんの理由があり、まず最初は自分がどのタイプの赤ら顔なのかを知ることが大切になってきます。

また、どのタイプかを知ってからも治していくのは少なからず努力が必要で大変なことですが、まずはタイプを見つけない限りなにをしても治らないという状況に陥ってしまいます。

下記に赤ら顔の原因・タイプを4つに分類させていただきました。
原因(タイプ)③と④であればケアすることは可能ですよ!

赤ら顔 原因①:恥ずかしくて顔が赤くなる

私は小学生の頃に、国語の時間の授業中に先生に当てられてみんなの前で音読をしたことはありませんか?

みんなの前で音読をすることはとても恥ずかしく、それを悟られないようにと必死で隠しながら音読をしたという経験はどうでしょうか?

逆に顔に出て頬が赤くなってしまい恥ずかしい思いをした経験がある方も多いはずです。

ですが、これは珍しいことではなく恥ずかしがり屋の方は1度は経験にしたことがあることだと思います。

これは赤面症とも言われていますが、大人になるにつれ、要は同じようなことを何度も経験することで克服・改善ができます。

赤ら顔 原因②:アレルギーによる赤ら顔

アレルギー体質だと、カビ・ダニ・ハウスダストなど色々なものに過敏に反応してしまいちょっとしたことで赤ら顔になってしまいます。

これといって特に外からの刺激がなくても元々お肌が敏感なために精神的なストレスや自律神経の乱れなどの内側からの刺激にも弱く急に発症してしまうのが特徴です。

近年は、花粉症などのアレルギーの方が増えてきていて春の季節だけ赤ら顔が酷い!という方も多いのではないでしょうか?

赤ら顔 原因③:ニキビや吹き出物による赤ら顔

油分が多くニキビや吹き出物ができやすい方は、お肌が炎症して赤ら顔になってしまいます。

またニキビや吹き出物を繰り返していると赤いニキビ跡などもできるようになってきてなかなか治りにくいのが特徴です。

油分が多い思春期などにはニキビが酷くなりやすく、あまりに酷いとお肌が負のスパイラルにのみこまれてしまい、大人になっても吹き出物が治らないといったことになってしまいます。

ニキビや吹き出物による赤ら顔は、他のタイプに比べて見た目が酷く落ち込んでしまいがちですが、体質とは少し違うのでニキビを治すことでまるで嘘みたいに解消されることが多いです。

ニキビ痕として赤みが残る方ニキビ染みが赤く残るという方もいらっしゃいます。
当サイトでは、そのような方にオススメの化粧水もご紹介しています。

赤ら顔 原因④:皮膚が薄いことによる赤ら顔

皮膚が薄いと毛細血管が見えてしまい赤ら顔になりやすいです。

毛細血管とは普段は見えないような細くて網目状のものです。

本来見えるようなものではありませんが、お肌が薄くなってしまうと肌トラブルを起こしていなくても顔のそこら中に毛細血管が見えるようになってしまいます。

少し見えるくらいなら気にならないのですが、その範囲が大きいと顔の色にムラができてしまい赤ら顔に見えるようになってしまいます。

このような方に向けて開発された赤ら顔専用の化粧品・サプリを、主に下記でご紹介しています。