アルブチン

アルブチンとは!?

女性のキレイは、美白にあると言われています。
目の大きさや眉毛の形、鼻の大きさや口や耳の形状を追い求めるのではなく、美白、美肌を追求する傾向が年々強まっています。

白くきめ細かい肌は「百難を隠す」と言われている通り、美しい肌を持つ女性は「キレイ」「美しい」と言われます。

これまでに様々テレビや雑誌が、様々美白製品や美肌成分を紹介してきました。
ここで紹介するのは、まだ世の中であまり知られていない成分です。
それこそがアルブチンです。

アルブチン化粧品のおすすめランキング

そんなアルブチンを配合した化粧品を当サイトでも積極的に紹介しています!
実際、効果が実感できたというような口コミにアルブチンが配合されているものが多いことにも気付きました。

そこで、当サイトに日々寄せられる口コミの中で、アルブチン配合の化粧品のみで人気ランキングを作成してみました!
口コミ評価の高いもののみを抽出し、点数化(1口コミで10点)!
そして売れ筋商品の中でアルブチンを配合しているものも売れる度に1点を加算!

その合計を下記にランキングとしてまとめました!
つまり口コミと売れ筋に基づくアルブチン化粧品の人気ランキングということです。
アルブチンがどういった成分なのかという前に、早くアルブチン配合の化粧品で確かな効果が期待できるものを購入したいという方は是非、ご活用ください。


おすすめNO.1:シズカゲル(SHIZUKA GEL)

総合評価 ★★★★★
ジャンル:薬用美白ジェル
通常価格:4980円
定期価格:2980円
定期特典:30日間全額返金保証+送料・手数料無料

アルブチン高配合に加え、ビタミンC誘導体も配合されている美白ジェルです。
医学雑誌も注目のフラバンジェノールも配合されています。
テレビやファッション誌にも特集されるほどの人気です。

口コミもあります→シズカゲル 口コミ←クリック!

▼▼シズカゲル(SHIZUKA GEL)割引購入窓口▼▼
アルブチン高配合のシズカゲル購入ページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでクリック!


おすすめNO.2:薬用シミトリー

総合評価 ★★★★★
ジャンル:オールインワンジェル
通常価格:4980円
定期価格:初回3685円、2回目以降3981円
定期特典:14日間返金保証+送料無料
最低購入回数:なし
※いつでも解約・お休みが可能です。

採算を度外視したリッチな薬用美白オールインワンジェルです。
アルブチンだけでなく、ビタミンC誘導体も配合しています。
フラバンジェノールや10種類の天然由来エキスを配合!

口コミもあります→シミトリー 口コミ←クリック!

▼▼シミトリー(SimiTRY)割引購入窓口▼▼
アルブチン×ビタミンC誘導体の薬用オールインワンジェル シミトリー購入ページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでクリック!


おすすめNO.3:スウィープホワイト

総合評価 ★★★★★
ジャンル:ワキ専用美白美容液
通常価格:8400円
定期価格:5400円
定期特典:180日間返金保証+ブランドブック+送料無料
最低購入回数:なし
※いつでも解約・お休みが可能です。

脇の黒ずみ対策用の薬用美白ボティ美容液です。
ヒアルロン酸を3種類も配合しているのでしっかり保湿もできます。
ベタつかずにサラサラの使用感♪

口コミもあります→スウィープホワイト 口コミ←クリック!

▼▼スウィープホワイト割引購入窓口▼▼
アルブチン高配合の美白美容液購入ページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでクリック!


おすすめNO.4:エレモナ(Elemona)

総合評価 ★★★★
ジャンル:シミケアクリーム
特別価格:2980円
購入特典:3本以上で送料無料

アルブチン高配合の美容クリームです。
夜寝る前に塗るだけの簡単ケアでOKです。
シミと肌の奥に隠れたシミ予備軍の対策にもおすすめ!

口コミもあります→エレモナ 口コミ←クリック!

※エレモナの販売は休止しています。

▼▼エレモナ(Elemona)割引購入窓口▼▼
アルブチン 高配合美容クリーム購入ページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホやPCでクリック!

アルブチン 注目の美白・美肌の成分

アルブチンはいま、美白・美肌の成分として注目されています。
アルブチンについて「聞いたことがない」という方で、「キレイ」に興味がある方は、ぜひアルブチンについて知っておいてください。

また、「アルブチン? 聞いたことはありますよ」という方でも、美白や美肌を生み出すものなのか、美白や美肌を害するものをブロックするものなのか、そこまで知っている方はそう多くはないと思われます。
この機会に、「アルブチンとは」「アルブチンのすごさ」について覚えておいてください。

洋ナシを包丁で切った画像

美白・美肌成分のアルブチンは、洋ナシやコケモモの葉っぱや皮から抽出した成分です。
アルブチンには、美肌の大敵であるメラニン色素という物質を「元気」にしてしまうチロシナーゼという物質を抑制する効果が期待できます。
メラニンが「美肌を汚す犯罪者」なら、チロシナーゼは「犯罪者を助ける共犯者」といったところです。
アルブチンは、共犯者を退治することで、犯罪者の犯罪を抑止するのです。

誘導体について

アルブチンの効果を理解するには「誘導体」という言葉を知っておく必要があります。
「誘導体」と聞くと、難しい印象を持たれるかもしれませんが、それほど難解ではありませんので安心してください。

誘導体とは、「誘って導いてひとつの体をなすモノ」という意味です。
もう少し噛み砕いて説明すると「ある物質にいろいろな作用をほどこすと、人に良い効果を及ぼすモノになる」という意味です。

まだ分かりにくいでしょうか。
それでは、次の説明ならば、ご理解いただけますでしょうか。
「そのままでは体に良い作用を及ぼす物質ではないが、いろいろな力が加わると、体に良い物質に代わるモノ」といった意味です。

αアルブチンとβアルブチン

美白や美肌にとって良い成分として、ハイドロキノンが有名だと思います。
しかしこのハイドロキノンは、肌への浸透性が悪く、また肌への刺激が強すぎる物質なのです。
ハイドロキノンをそのまま使うと、美肌になる人もいますが、かえって悪い効果が出てしまう人もいるのです。

良い場合と悪い場合の両方が考えられるというイメージ画像

そこでハイドロキノンを「加工」する必要が出てくるわけです。
ハイドロキノンにブドウ糖を加えると、αアルブチンβアルブチンというものが生まれます。

勘の良い方はお気付きになられたと思います。
はい、その通りです!
アルブチンです。

アルブチンは、ハイドロキノンの誘導体なのです。
アルブチンは、肌への浸透が良く、肌への刺激も強くないので美肌・美白効果を求めるには使いやすい物質と言えるのです。
アルブチンは、ハイドロキノンの誘導体だから、いろいろな人に使われる美白・美肌成分なのです。

アルブチン 期待できる効果

アルブチンとは、「美白・美肌といえばアルブチン」「アルブチンといえば美白・美肌」と言われるくらい、肌のきめ細やかさや、肌の状態を気にする女性が注目している成分です。

「アルブチン」という言葉を初めて耳にした方もいらっしゃると思います。
それではここでは、基礎講座として「アルブチンによって期待できる効果とは」について、じっくり解説したいと思います。

美白と美肌の天敵といえば、メラニンですよね。
肌を茶色にしたり、時には黒くしたりしてしまう成分です。
「シミの素」とも呼ばれ、女性の天敵です。

メラニンには黒色メラニン肌色メラニンの2種類があります。
人の肌によって、黒人(アフリカ系の方々)、白人(欧米の方々)、黄色人種(日本人や中国人や韓国人など)と呼ばれたりしますが、この肌の色の違いは、黒色メラニンと肌色メラニンの量が違うからなのです。
黒人は黒色メラニンが多く、白人は逆に少ないのです。黄色人種はその中間に位置します。

黒人や白人や黄色人種など様々な人々の画像
様々な肌の色を持つ多種多様の人種

「黒と白」といえば、髪の毛もそうです。
黒い髪の毛の人が、年齢を重ねるごとに白い髪の毛になるのは、歳を取ると毛根で黒色メラニンがつくられなくなっているから、と考えられています。
ここまででまず、黒色メラニンが美白・美肌効果に良くない、ということがご理解いただけたと思います。

すると、もうひとつ肌に関する疑問が湧いてくると思います。
それは日焼けをすると肌が黒くなり、それが繰り返されると肌が傷んでしまう、という現象です。
日焼けによる美肌の損傷は、人種別の肌の色とは別の問題です。

日焼けしてしまった女性の画像

実はメラニンは、肌の敵である紫外線の侵入を防ぐ重要な役割もあります。
つまりメラニンは、「美肌にとって悪いことをしているだけではない」のです。

しかし一度紫外線が肌を刺激してしまうと、チロシナーゼという酵素が活発化してしまいます。するとチロシナーゼがメラニンを刺激して、メラニンが黒色になってしまうのです。
少し複雑になってしまいましたので、ここで知識を整理しておきます。

・メラニンのうち黒色メラニンは肌を美白から遠ざけてしまう
・ただメラニンは紫外線の侵入を防ぐ効果を持つ
・ところがメラニンは、紫外線の刺激を受けるとチロシナーゼによって黒くなってしまい、美白を阻害してしまう

つまり、「やっぱりメラニンは美白・美肌によくない」ということになるのです。

そこでアルブチンの出番です。
アルブチンは、チロシナーゼがつくり出されるのを邪魔する力を持っているのです。
チロシナーゼが働かなければ、メラニンが黒くならない、つまり美白・美肌効果に良いということです。

紫外線を浴びすぎてシミできたり、以前からあったシミが濃くなってしまったりした場合、その部分にアルブチンを含む化粧水などを塗るとシミが薄くなります。
これが、アルブチンの期待できる効果といえます。

アルブチンとハイドロキノンの違い

美白効果がある成分として「アルブチンは知らないけど」「ハイドロキノンは聞いたことがある」という人も少なくないと思います。

ハイドロキノンはいわば美白効果の「老舗(しにせ)」です。
これまで長きにわたって美白効果を謳う製品に使われてきた成分です。

一方のアルブチンは、美白成分としては「新人スター選手」です。
例えば甲子園大会で活躍した野球選手ですね。

甲子園でホームランを打って活躍したスター選手

「なんか知らないけど、すごいモノが現れた」

そんな位置にいるのがアルブチンです。

ハイドロキノンについて

まずは美白の世界でその名が知られているハイドロキノンについて解説します。
ハイドロキノンの美白効果は、意外なところで発見されました。
デジタルカメラやスマホカメラしか知らない世代には理解しづらいと思いますが、かつて「写真」と言えば、カメラで撮影した「フィルム」を「化学薬品の液体」に浸して「紙」に焼き付けたもののことをいいました。

フイルムを現像して写真にしている画像

この化学薬品に、ハイドロキノンが使われていたのです。
また、布地を染める染料や、ゴムの酸化防止剤としてもハイドロキノンが使われていました。酸化防止剤とは、物質を劣化させる酸化と呼ばれる現象を抑える機能を持った化学薬品です。

こうした、写真を作る人や布地を染める人、ゴム製造のラインについていた人の手が白くなっていくことが分かりました。
こうした作業をしている人が共通して触れている物質を突き詰めたところ、ハイドロキノンに行き着いたのです。

肌の色を悪化させる成分にメラニン色素があるのですが、ハイドロキノンには、皮膚の中でメラニン色素がつくられないようにする作用があることが分かったのです。
ハイドロキノンの優れた点は、これから肌を汚そうとしているメラニン色素を「退治」するだけではなく、すでに汚されてしまった肌を元の美白に戻す機能があることです。

実はアルブチンは、ハイドロキノンと関係がある!?

さて、ニューカマーとして注目されているアルブチンですが、実はこれ、ハイドロキノンと深い関係があります。
なんと、ハイドロキノンとブドウ糖が結合したものが、アルブチンなのです。

簡単な数式を示すとこのようになります。

アルブチン=ハイドロキノン+ブドウ糖

この数式を見ただけで、「ハイドロキノンのバージョンアップ版」ということが分かると思います。

美肌の天敵であるメラニン色素が「元気なろう」「肌を汚してやろう」と動き出す時、チロナーゼという酵素を出すのですが、アルブチンは、このチロナーゼを出さないようにする働きがあるのです。

車にガソリンを入れて走り出そうとしている時に、そのガソリンの供給を止めたら車は走行できませんよね。
アルブチンは、まさにガソリンの供給をストップされる効果があるのです。

よって、アルブチンはシミやソバカスといった「肌にできてほしくない現象」を抑える効果が期待できるのです。
肌が気になるようになったらハイドロキノン今の美しい肌を維持したいならアルブチン、という使い分けができます。

ちなみにハイドロキノンとアルブチンの両成分が配合された美容商品もあります。
抑毛石鹸としても人気のシャイニーエピソープです。

アルブチンとビタミンc誘導体の違い

昭和生まれの女性なら、一度は「ビタミンCを摂らないと肌が汚くなっちゃうよ」と言われた経験があると思います。
それでせっせと、いろいろな食材にレモン汁をかけたり、冬にミカンを食べたりしたと思います。

ビタミンCが豊富に配合されているレモンの画像

しかし、最近はあまり「美肌・美白=ビタミンC」が強調されません。
なぜでしょうか。

美白=ビタミンCが強調されなくなった理由

その理由は定かではありませんが、キレイな肌を作るためにビタミンCは欠かせません。それは昔もいまも揺るがない事実です。

さて、では、昔からその効果が証明されてきたビタミンCと、最近急激に注目を集めだしたアルブチンでは、どちらの方が美白効果が高いのでしょうか。
これは興味深い「競争」ですよね。
美白のために同じお金を支払うなら、より効果が高い方を選びたいと考えるのは当然の心理です。

ここで、ビタミンCに不利な情報をお教えします。
ビタミンCが「美白の王者」としての地位を疑われ始めたのは、「ビタミンCは肌への浸透が悪いのではないか」と言われるようになったからです。

また、体内に取り込まれたビタミンCは肌をキレイにするだけではなく、健康を保つためにいろいろな仕事をしなければなりません。
そうなると「肌をキレイにする仕事」がおろそかになってしまいます。

そこで最近になって、「美白効果に専念するビタミンC」が開発されました。
それは「ビタミンC誘導体」というものです。

誘導体とは、ある化合物が変化して別の化合物になることです――難しいですね。
簡単に「ビタミンCそのもの」「ビタミンC誘導体」を用いて解説します。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは、「体の中でビタミンCになるモノ」と考えてください。
「ビタミンCそのもの」は肌への浸透が良くなかったり、肌をキレイにする以外の仕事をしてしまうのですが、「ビタミンC誘導体」は肌への浸透性がものすごくいいのです。

またビタミンC誘導体を肌に塗ると、その場所で(つまり、まさに肌で)ビタミンCになるので、そこで(つまり肌で)美白の仕事に専念するようになるのです。
ビタミンCは、肌の汚れの原因となるメラニン色素が活発になることをしずめる働きが期待できる他、肌に色素が着くことを阻止する効果が期待できます。

驚くべきことに、アルブチンもメラニン色素が活発になることを抑える効果が期待できます。
アルブチンとビタミンC誘導体は、肌に対して同じ仕事をするのです。
どちらかというと、アルブチンの方がより直接的に肌をキレイにしていく力を持っています。

アルブチン × ビタミンC誘導体

このように聞くと、いいアイデアが浮かびますよね。
そうです!
「アルブチンとビタミンC誘導体を混ぜたら、すごいことが起きるのではないか」というアイデアです。

美白効果を謳う化粧水や美容液の中には、すでにこの両方を配合したものが発売されています。
当サイトで紹介しているものの中では、薬用オールインワンゲルのシズカゲルアスタリフトトライアルキットがそれに該当します。
ただ、両方を配合するとコストが高くなるため、製品数としてはあまり多くはありません。

そこで、もしアルブチン配合の化粧水と、ビタミンC誘導体配合の美容液のどちらを買うか迷ったら、アルブチンを選択することをおすすめします
アルブチンには、新しい美白成分として注目され始めただけの強い効果が期待できるからです。

アルブチンとトラネキサム酸の違い

美肌効果があると言われている成分は全部試したい!
これは女性なら誰しもが思うことではないでしょうか。
ビタミンC、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど、化粧水や美容液の容器の裏に貼り付けてある成分表示には、おなじみの成分名が並びます。

しかしそのすべてを試すにはお金がかかりますし、あまり多くの種類を使うとどの成分が自分にマッチしているのか分からなくなってしまいます。
そのような数ある美肌成分の中で、ここで注目したいのは、誰でも知っているあの美肌成分と、最近にわかに注目されてきた成分の2つです。

昔から知られる美肌成分のベテラン代表はトラネキサム酸です。
そして「新人代表」はもちろん「アルブチン」です。

トラネキサム酸とは

まずは先輩を立てて、トラネキサム酸から解説していきます。
トラネキサム酸は、アミノ酸を人工的に合成したもので、元々の用途は喉の炎症をおさえる薬として使われていました。

ところがトラネキサム酸入りの喉の炎症抑制薬を飲んでいる人の中に、「肌がキレイになった」という人が現れたのです。
そこで製薬メーカーがトラネキサム酸の機能を調べたところ、肌の色をくすませるメラニン色素を「元気にさせない」働きが期待できることが分かったのです。

メラニン色素は、プラスミンという成分によって元気になってしまうのですが、トラネキサム酸はそのプラスミンの力を弱めるのです。
メラニン色素にとってプラスミンは「栄養ドリンク」のようなものですから、プラスミンの力が弱まるとメラニン色素も元気がなくなってしまうのです。
それで肌がメラニン色素によって汚されずに済むのです。

トラネキサム酸は様々な肌のトラブルに対して試されましたが、結局は中高年の女性を悩ませる肝斑の改善に高い効果が期待できることが分かりました。
いまでも肝斑治療薬にトラネキサム酸が配合されています。

お医者さんが塗り薬を持っている写真

ただ、トラネキサム酸には大きな欠点がありました。
それは、内服薬としては効果が期待できるのですが、外用薬としては効果が出ない場合があるということでした。
内服薬とは、口から飲んで胃や腸などで消化されて効果を出す薬です。一方の外用薬は、肌に直接塗りつけて、塗った場所にピンポイントで効果を出す薬です。

肌にお悩みの方なら、どちらが望ましいかお分かりですよね!
飲み薬は効果が分散されてしまいます。
塗り薬のピンポイント効果の方がありがたいと感じているはずです。

また、トラネキサム酸は肝斑の改善には効果は実証済みですが、普通のシミを消す効果については明確に否定する医師もいます。
つまりトラネキサム酸は、特定の用途、特定の使い方をした時にのみ、効果が出るということです。
これは女性目線からすると、少し「使いづらい」と感じるのではないでしょうか。

比較するとアルブチンの方が優れている点

そこで注目されているのが、美肌界の「大型新人」のアルブチンです。
「あるぶちん? 聞いたことがない。よく知らない成分を自分の肌に使いたくない」という方もいると思います。
でもその考えは、もったいないかもしれません。

自然の植物に溢れている心休まる画像

まずアルブチンは、自然由来の成分です。
洋ナシやコケモモの葉から抽出するのです。
アミノ酸を人工的に加工してつくられたトラネキサム酸とは「安心感」が違います。

さらにアルブチンは、メラニン色素を活発にするチロシナーゼの力を弱めます。
先ほどトラネキサム酸の説明のところで「トラネキサム酸は、メラニン色素を活発にするプラスミンの元気を奪う」と解説しました。
メラニン色素は、チロシナーゼによっても元気になりますし、プラスミンによっても元気になるのです。

しかしチロシナーゼの方が、メラニン色素にとってはより重要な存在なのです。
つまりプラスミンを叩くより、チロシナーゼを叩いた方が、美白には効果的なのです。
それはチロシナーゼがメラニン色素に変化していくからです。

それでは結論を申し上げます。
メラニン色素の「元の形」であるチロシナーゼを叩くアルブチンの方が、メラニン色素の「栄養剤」にすぎないプラスミンを叩くトラネキサム酸よりも高い美白効果が期待できると言えます。
つまり「アルブチンの勝利」と言えるのです。

勝利のイメージでもある金メダルの画像

ぜひとも次に美容液や化粧品などを購入する時は、容器の裏の成分表に「アルブチン」と書かれてあるかどうかを確かめてみてください。

アルブチンの化粧水について

アルブチンは、医薬部外品の主要成分として使うことができる美白成分です。
肌の天敵のひとつにメラニンがあるのですが、メラニンはチロシナーゼという物質によって「元気」になってしまいます。

アルブチンはこのチロシナーゼを押えつけることで、メラニンが働かないようにする効果が期待できるのです。
美肌と美白の効果が証明されているとも言われているアルブチンは、あらゆる「美の商品」に配合されています。

医薬部外品とは、薬事法で規定されている商品のことです。
医薬品が病気の治療を目的としているのに対し、医薬部外品は治療ではなく「防止」や「衛生」を目的としています。
医薬部外品には、厚生労働省が効果と効能を認めた成分が配合されているので、化粧品などより効果が期待できるというわけです。

そんなアルブチン関連商品の中で注目したいのは、医薬部外品としての化粧水です。
化粧水は毎日使うものなので、アルブチンを毎日「摂取」できるメリットがあります。

まず紹介したいのはDHC薬用エイジアホワイトローション(医薬部外品)です。
145mlで4,286円(税抜き)と、かなりの高級品ですが、キャンペーン価格で4,000円を切ることもありますので頻繁にチェックしておきましょう。

DHC薬用エイジアホワイトローションのキャッチコピーは、「純白を、肌にまとう」です。
アルブチンによって肌に透明感を持たせて、さらにオウゴンエキスをサポート成分として配合したことで、にごりやくすみも除去する効果が期待できます。

DHC薬用エイジアホワイトローションのもう一つの特徴は、肌の修復能力サポートが期待できるところです。
グリチルリチン酸ジカリウムが入っているので、肌荒れ予防も期待できます。
乾燥肌の方が使用すると、そのしっとり感にうっとりすることでしょう。

またケイヒエキスとセキセツソウエキスが入っているので、年配の方が抱える様々な肌の問題を、ひとつひとつケアしていく力を秘めています。
そして仕上げは、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといったうるおい成分で、肌にハリを戻してくれる効果を期待できます。
肌を守ってから「キレイ」にまで持ち上げる、それがDHC薬用エイジアホワイトローションです。

2つめのアルブチン配合の化粧水は、ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプ(医薬部外品)です。
価格は180mlで1,150円(税抜き)と、少しお求めやすくなっています。

肌に直接触れる化粧水ですから、安かろう悪かろうでは困りますが、ちふれ 美白化粧水W
しっとりタイプは、その手の商品ではありません。
なんとアルブチンだけでなく、贅沢にもあの「ビタミンC誘導体」を配合しているのです。
単なる「ビタミンC」ではなく「ビタミンC誘導体」であることがポイントです。

ビタミンCの美白効果を知らない人はいないと思いますが、単なるビタミンCには、「肌に浸透させにくい」ことと「美白効果以外の健康効果が期待できる」という、2つの欠点があります。
健康効果が期待できると言うと、一見嬉しいことなのですが、ただ美容目的で使う場合「美白に集中していない」ということになってしまうのです。

そこで、肌への浸透性を高めた「ビタミンC誘導体」が開発されました。
浸透性をアップさせたことで、美白効果が高まり、しかも肌に直接塗るので美肌づくりに集中させることができるのです。
しかもこの化粧水はノンアルコールタイプなので、ベタつきません。

アルブチンの美容液について

化粧水だけでスキンケアを済ませている方も多いと思いますが、「最近肌の調子が気になる」と感じ始めた方は、ぜひ化粧水と美容液との併用をおすすめします。

肌には「栄養」「保湿」「美肌」の3大要素が必要ですが、化粧水は栄養補給だけです。
保湿や美肌をうたう化粧水もないわけではありませんが、それでもやはり、化粧水のメーンの仕事の栄養補給です。
美容液を使うことで、しっかりとした保湿としっとりとした美肌が保たれるのです。

その美容液に、最近注目の美肌・美白成分であるアルブチンが配合されていれば、これほど頼もしいことはないわけです。
アルブチンを配合した美容液を2つ紹介します。

株式会社ネットプライスが販売している【PC リペアゲル Wセラム】は、国際評価機関「モンドセレクション」の化粧品部門で最高金賞を3年連続で受賞したPCシリーズの新商品です。
価格は50gで4,100円(税抜き)とかなりよい値段ですが、その分、効果が期待できます。

PCリペアゲルWセラム購入ページとリンクされている画像

PCリペアゲルWセラムの最大の売りは、アルブチンと9種類の植物由来成分という、豪華なラインナップです。
9種類の成分は次の通りです。

・アロエベラ葉エキス
・クロレラエキス
・カッコンエキス
・カンゾウ根エキス
・カワラ
・ヨモギエキス
・マグワ根皮エキス
・ナツメ果実エキス
・オウゴンエキス
・キイチゴエキス

「植物の力で肌に力を与えよう」という商品コンセプトです。
植物の根のように、有効成分を肌に浸透させ肌の土台からしっかりとケアしていきます。
着た記できる美白・美肌効果としては、ツヤを重視し、ふっくらとしたハリのある肌を作りあげていきます。

PCリペアゲルWセラムの水分と脂分の割合は、絶妙です。
人の水分と脂分の割合に極力近づけているので、肌に付けた時に違和感がないという特長があります。
無香料、無着色、無鉱物油なため、肌への刺激もありません。

2つ目の商品は、ビービ―ラボラトリーズの薬用ホワイトニング エッセンスαです。
9mlで3,024円(税込)です。

薬用ホワイトニング エッセンスαは、テクスチャにとことんこだわった美容液です。
そのコンセプトは「ほどよいとろみ」と「密着感」です。
美肌と美白の最強タッグと言われているアルブチンとビタミンC誘導体をたっぷり配合した、贅沢成分が薬用ホワイトニング エッセンスαの最大の売りと言えるでしょう。

また、薬用ホワイトニングの3つ目の有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。
グリチルリチン酸ジカリウムには、肌の炎症を鎮める効果が期待できます。
漢方薬の原料になっている甘草から抽出しているので、安心して肌に使うことができます。

アルブチンの石鹸について

美白・美肌に良い成分は化粧水や美容液だけではなく、普段使っている石鹸にも入っていてほしい!
そんなことを想像したことはありませんか。
そんな理想の商品が、ユーザーから奇跡の美肌石鹸と言われているエンジェルホワイトパーフェクトソープです。
1個2,980円(税抜き)、3個8,940円(同)で販売しています。

Angelホワイトパーフェクトソープの商品画像

エンジェルホワイトパーフェクトソープには、美肌と美白の次世代成分アルブチンが贅沢に配合されています
アルブチンといえば、化粧水や美容液に配合されることが多いのですが、エンジェルホワイトパーフェクトソープはその美白成分を洗顔の段階で取り入れようというのです。
アイデアも贅沢ですね☆

アルブチンが入っているので、紫外線のダメージを受けた肌を修復したり、色素の沈着を防ぐことができます。また、シミの改善や肌の透明感も獲得できます。

エンジェルホワイトパーフェクトソープのユーザーが口を揃えるのは、使った時の「つるりん」感です。
肌がキレイになるだけでなく、生まれ変わったような印象を持つことができます。
それにしても、石鹸が1個3,000円近くするのは、高すぎるような気がします。

しかしエンジェルホワイトパーフェクトソープには、高価なアルブチンをふんだんに配合しているだけでなく「その他の価値」があるのです。
HCC製法という作り方を採用しています。

一般的な石鹸は熱で材料をどろどろにしてから型に流し込んで石鹸の形にしますが、HCC製法では熱を加えません。
熱を加えると、有効成分が変形し本来の力を発揮できないからです。
熱を加えない製造法は、時間も手間もかかるので、一般的なメーカーはあまりやりたがらないのです。

または、アルブチン以外の「その他の成分」も魅力的です。
「パパイン」は、皮膚を作っているタンパク質を分解する成分です。
古い角質を取り除き、皮膚の表面の脂分を洗い流してくれます。

「ブロメライン」は、パイナップルから抽出した自然由来成分で、汚れを分解する力があります。
またブロメラインはアレルギーの治療にも使われているので、肌の炎症を抑える効果も期待できます。

「グリチルリチン酸ジカリウム」は、漢方薬の原料になっている甘草に含まれていて、肌の調子を整えるとともに、外部の刺激から肌を守る機能サポート効果も期待できます。

そして「豆乳発酵液」も含まれています。
この石鹸を使うとふっくらした印象を持つのですが、それはイソフラボンという豆乳発酵液の効果です。

これだけ美肌成分が入っているエンジェルホワイトパーフェクトソープは、決して割高な商品ではないと思います。

ヒトユライ リペアセラム 割引購入ページへHITOYURAI+30(ヒトユライ)幹細胞培養液化粧品シリーズ!

モンドセレクション金賞受賞のヒトユライ リペアセラムでエイジングケア!

幹細胞エイジングケアのHITOYURAI+30シリーズ! ヒトユライ リペアセラム リペアとは修正とか、再生を意味します! そしてセラムは美容液です。 まるで綺麗に生まれ変わったかような美肌を目指す! それがエイジングケ…

ヒトユライプレミアムフェイスマスク 割引通販ページへHITOYURAI+30(ヒトユライ)幹細胞培養液化粧品シリーズ!

幹細胞培養液でケアするヒトユライ プレミアムフェイスマスク エイジングケア用美容マスク!

幹細胞エイジングケアのHITOYURAI+30シリーズ! ヒトユライ プレミアムフェイスマスク 整肌成分の神経幹細胞+脂肪幹細胞でしっかりケア! エイジングケア成分たっぷりの美容マスク! それが今回ご紹介するHITOYU…

アルブチン

スウィープホワイト ワキ専用の美白美容液!保湿し、ターンオーバーを正常化しながら黒ずみケア!

脇の黒ずみケアに薬用美白ボティ美容液 スウィープホワイト 脇の黒ずみ対策専用の美容商品をお探しの方はいらっしゃいませんか? ピンポイントで効果がある商品を探すのって結構大変ですよね! 当サイトはそんなピンポイントで効果の…

エピルンボタニカルソープアルブチン

エピルンボタニカルソープ 気になる部位の体毛を少しずつ薄くしたいという方におすすめのボタニカル抑毛石鹸!

体毛を薄くしたい方におすすめのボタニカル抑毛石鹸! エピルンボタニカルソープ 腕毛や脚の毛、ケアのし難い背中の毛など、少しずつ薄くしたいという方のために生まれたボディソープがあります。 それが今回ご紹介するエピルンボタニ…