ひとえじゃなかったらの使い方!塗るタイミングや注意事項も解説します!

ひとえじゃなかったら 割引購入ページへ

ひとえじゃなかったら 使い方 講座!

さんこいちがプロデュースしたことでも話題の二重美容液の「ひとえじゃなかったら」
そのわかりやすいネーミングと美容液なのにアイプチを超えるかのような粘着力で今大人気です。

アイプチとどう違うの?
使い方も違うの?

そのような疑問をお持ちの方の投稿もいくつかいただいたので、ここでご紹介したいと思います。
しっかりクセ付けして本物の二重を手に入れる近道は、「ひとえじゃなかったら」を正しく使うことにあるかもしれませんからね!

尚、ひとえじゃなかったらの商品詳細も別ページにまとめていますので、ご覧になってください。

今すぐ購入したいという方はこちらからどうぞ!

▼▼今すぐお得に購入するならこちら!▼▼
ひとえじゃなかったら 使い方 確認よりも購入したいという方はこちらへ
  ↑  ↑
スマホやPCでクリック!!

ひとえじゃなかったら 使い方 基本編!

ひとえじゃなかったらは、夜に使って朝ぱっちり二重!
そのような使い方が推奨されています。
夜の寝ている間は、肌の新陳代謝が活発と言われているためクセ付けのゴールデンタイムなのです。

お風呂上りのまぶたが綺麗な状態で塗るのが理想です。
お風呂から上がって時間が経過し、寝る直前に使用する時は、一度洗顔してコットン等でまぶたの油分を取り去っておきましょう

次に商品に付属しているY字ブッシャーで、鏡を見ながら好みのニ重のラインを決めてください
そしてラインが中心にくるように4ミリから6ミリぐらいの幅で 本液を薄く延ばしながら楕円形に塗りましょう
横幅は目の3分の2ぐらいの幅がおすすめです。

後はしばらく目を閉じたままでお待ちください
本液が乾くと半透明になります。
その状態が確認できましたら、Y字ブッシャーをニ重のラインに軽く当てて、そっと上目使いで目を開けてください

最後の仕上げとしてY字ブッシャーの反対側を使って、目頭から目尻にかけて深く織り込むようにしてニ重ラインを整えましょう
これで完成です!

上手にできない場合のアドバイス!

まぶたの厚さは人によって異なります。
「ラインが中心にくるように4ミリから6ミリぐらい」や「横幅は目の3分の2ぐらい」という数字は参考程度にし、うまく行かなかった場合は本液を塗る幅を細くしたり量を少なくしたり調節してみましょう!

150人のモニターテストを行い、99.3%の方がクセ付けを実感できたので、きっと上手にできるはずです。
ますは推奨されている通り基本に忠実に!
上手く決まらないようであれば、少し幅を変えたり本液を塗る量を調節するようにしましょう!

夜以外の使用も可能!

夜寝る前に塗ることが基本的な使い方ですが、外出前でも使用することはできます。
寝ている間にしっかりクセ付けすることで、長時間キープが期待できますが、元々、疲れると二重になる方や、奥二重を二重にしている方などは比較的短時間でも綺麗な二重をクセ付けできるようです。

肌に優しい低刺激な成分を使っているので、長時間塗っても安心です!
肌が弱いので心配という方は、パッチテストを行ったり、少しずつ塗る時間を増やしていくのが理想ですが、多くの方はアイプチよりもかぶれ難いと感じているようです。

ということで、夜使用して朝使用というのももちろんOKです。
朝お出かけ前にぱっちりとバッチリ決めたい方は、是非、朝も使用してみてください!

もう「もし私が一重じゃなかったら・・・」と悩むことからは卒業しましょう!

▼▼ひとえじゃなかったら公式通販窓口▼▼
ひとえじゃなかったら購入ページへ
  ↑  ↑
スマホやPCでこちらをクリック!!

ひとえじゃなかったら TOPページへ戻る