ダブル洗顔不要 美肌づくりのためにどのような洗顔をするべきか!

【検証】誰にも聞けない、クレンジングの話。 ダブル洗顔不要 これがおすすめの洗顔法!
ダブル洗顔 するべきしないべき?W洗顔不要のクレンジングとは・・・?

ダブル洗顔不要 どのようなケアをすべきか公開!

美容の中でも、顔は一番大切なパーツですよね。
恋愛でも、ビジネスでも、あらゆるシーンで、顔は見られます。
だからこそ、顔はいつでも最高の状態を保ちたいですよね。
そのためには、女性は、化粧をしなければなりません。

でも、化粧した後の事は考えていますか?
クレンジングはとっても大切です。
なぜなら、つけた化粧をキレイに落とさなければ、肌がダメージを受けてしまうからです。
そうしたら、しみ・くすみ・黒ずみニキビなどお顔に良くない状態をひきおこしてしまいます。

また、最近は、W洗顔不要のクレンジングも出ています。
例えば、おすすめは皮膚臨床薬理研究所のラミナーゼ(クレンジングバーム)!

ダブル洗顔不要
 ↑  ↑  ↑
PCやスマホでクリック!

選択の幅が広がったのはうれしいことですが、いざ、クレンジングを選ぶとなると何を基準にしていいのか、わからない。

私はダブル洗顔をした方が良いの?
しない方が良いの?
このようなクエスチョンマークでいっぱいになっている人もいるでしょう。

今日は、そんな疑問を解消するための情報をお伝えしたいと思います。

そもそもダブル洗顔って?

ダブル洗顔とは、顔を2回洗うこと?
これは半分正解で半分不正解です。

正確に言うと、まずは、メイクを落とすために洗うクレンジング洗顔。
をし、その後に、さらに、洗顔料をつかって、洗顔することです。
それがダブル洗顔です。

実際、多くのクレンジング商品には、「クレンジングの後は洗顔フォームで、洗顔するように。」と書いてあるクレンジングがたくさんあります。
逆に、「ダブル洗顔不要のクレンジングです。」と書かれたクレンジングもあるくらいです。
女性にとっては、ダブル洗顔は当たり前ということですね。

W洗顔はいつやれば良いの?

ダブル洗顔はメイクをした日だけです。
普段の日はやらなくても大丈夫です。

なぜなら、クレンジングで落とす汚れと、クレンジングで落とす汚れは
異なっているからなんです。

クレンジングには、ほとんどの商品に油分が入っています。
この油分をりようして、同じ油性のメイクアップ化粧品を浮かせて落とす仕組みなのです。

一方、洗顔料は汗やほこり、皮脂、古い角質(垢)などの肌に余分な水性の汚れを落とします。
すなわち、クレンジングでは、油性の汚れを落とし、洗顔料は、水性の汚れを落とすと言うわけです。
もちろん、クレンジングだけでも、ある程度は落ちますが、キレイに落とすためには、洗顔料とのダブル洗顔が必要なわけです。

W洗顔のメリット

また、ダブル洗顔を進めることによって、残ったクレンジングも洗い流し、なおかつ水性の汚れを落とすことができるので、肌の表面をきれいにできるのです。
このような状態を作っておくことで、その後の化粧品や美容液が浸透しやすくなり、保湿や美白成分をお肌に浸透させることができます。
また、常にキレイな状態を作っておくことで、肌トラブルも起こりにくくなります。

W洗顔をしない方が良い人

でも、ダブル洗顔をしない方が良いタイプの人もいます。
それは、乾燥肌の人。洗顔中に肌にしみたり、痛みを感じてしまう人です。
そういう人は、ダブル洗顔をしない方が良いのです。

順番に説明していきましょう。

肌の乾燥が気になる、痛みを感じている方は、肌が弱っている状態といえます。
そのような状態で、クレンジングと洗顔を両方進めてしまうと、肌に負担をさらにかけてしまうからです。
このような場合には、摩擦をできるだけしない、お手入れも、過剰にはしないことが大切です。
また、このような状態を肌環境が整っていない状態と呼びます。

肌環境について

肌環境とは、肌の環境のことなのですが、
具体的には、下記の2つを指します。

1:バリア機能
2:保湿機能

バリア機能とは、外からの雑菌を防ぐ機能を言います。保湿機能は、文字通り、肌から、水分が逃げることを防ぎ潤いを保ちます。
通常な肌環境の場合には、潤いが保たれています。

肌の表面を覆う角層は、の厚さはたった0.02mmといわれています。例を出すと、ティッシュの薄さの5分の1です。
この薄い膜で、バリア機能と、保湿を担っているのです。ですから、摩擦や乾燥にとても弱いのです。
そのため角層に負担がかかると、水分が逃げやすくなり、雑菌も防ぎにくくなります。

もう一つのキーワードは適度な皮脂を維持することになります。

適度な皮脂を維持

乾燥肌の人や敏感肌の人は、皮脂の分泌量が通常よりも少ない場合が多い。
そして、肌を覆っている皮脂量も少ない場合が多いです。

そのため、ダブル洗顔によって、必要な皮脂を落としてしまうと肌トラブルにつながります。
なので、洗いすぎないことが大切になってきます。
洗顔の目的として、余分な皮脂を洗い流すことは必要なのですが、皮脂は邪魔者というわけではありません。

いわば、皮脂は肌を守る鎧のようなもの。
角質層の1番外側で皮脂膜として活躍しているのです。
この皮脂が少なくなると、水分を閉じ込めることができなくなり、乾燥や敏感な状態を招いてしまうのです。

クレンジング・洗顔料の選び方

先述したようにダブル洗顔というのは、肌の状態によって、やった方が良い場合とやらない方が良い場合があります。
ですが、実際に自分がどんな商品を選べば良いかわからないと言うことは多いと思います。
そこで、今回あなたにあったクレンジングと洗顔料の選び方についてみていきたいと思います。

クレンジング選び方のポイント

ポイント1.アイメイクは考えなくて良い!
クレンジングを選ぶ際には、マスカラやアイシャドウなどのアイメイクは考えなくて良いです。
なぜなら、アイメイクを基準に考えてしまうと、肌に必要以上に負担をかけるからですアイメイクはポイントメイクリムーバーを使って優しく丁寧に落とすようにしましょう。
そうすれば、マスカラやアイシャドウのラメが顔に広がることもありません。

ポイント2.ベースメイクの濃さで選ぶに合ったタイプを選ぶ
下地やファンデーションといった、ベースメイクにウォータープルーフを使用している場合には、リキッドまたはオイルタイプのクレンジング料が良いです。
オイルタイプやリキッドは洗浄力が強いからです。
洗浄力の強いクレンジングで優しく洗い落としてください。

ウォータープルーフを使ってない場合には、クリームまたはミルクタイプのクレンジング料を選びましょう。
クレンジング料の洗浄が強いと、肌への負担が大きくなってしまいます。
注意しないといけないのが、肌への負担が小さいものが、必ずしも肌によいというわけではないということです。

良くないのが、ウォータープルーフのベースメイクをしているのに洗浄力の低いクレンジングを使って、落ちないからといって、ごしごしこすってしまう場合です。
そういうことをしてしまうと、結果的に肌に負担をかけてしまうことになります。
逆に、パウダーファンデーションといった、薄めのベースメイクを落とすときにオイルやリキッドでクレンジングしてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまい乾燥肌に導いてしまうことがあるので気をつけてください。

ダブル洗顔が必要ないクレンジング

ダブル洗顔をしないで良いというクレンジングも最近は増えてきました。
では、そういうクレンジングの注意点は何でしょうか?

ポイント1:ダブル洗顔不要だからといって、ダブル洗顔禁止というわけではない。
ポイント2:ダブル洗顔不要であっても、アイメイクについては、ポイントリムーバーを使う方が良い。
ポイント3:乾燥肌を気にする場合には、ダブル洗顔不要でないクレンジングと洗顔という風にお手入れ方法を変える。

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリット

なんと言っても、肌への接触回数が1回で済むので、手軽と言うことです。
忙しくて、クレンジングが疲れて、面倒くさい。
後回しにしていたら、深夜になってしまっていたなんてことも、少なくはないかと思います。

メイクを長時間肌に乗せたまま、誇りや、汚れを付着したままの状態というのは、お肌にも良くありません。
それならば、洗顔不要のクレンジングを使って、少しでも早くメイクを落とす方が得策です。
ダブル洗顔が面倒くさい、会わないという場合には、ダブル洗顔不要のクレンジングを使って、1回で洗顔を終わらせた方が良いでしょう。

自分の肌を知った上での洗顔料の選び方

一気に、クレンジングと洗顔料を変えると、どちらが良かったのか、悪かったのかが分からなくなってしまいます。
ですので、まずは、クレンジングから見直した方が良いでしょう。
それでも、乾燥や突っ張りが気になるならば、ダブル洗顔をやめてみても良いでしょう。

クレンジングを変えたうえで、洗顔料が気に入らないという場合には、シンプルな洗顔料を使ってみましょう。
シンプルな洗顔料は洗浄力が比較的穏やかなので、それによって、肌の状態が改善されることもあります。
シンプルであるが故に、肌に必要なものまで落として、乾燥してしまうということはないからです。

もっともシンプルな洗顔料は、固形石けんです。
なかでも、「石ケン素地」のみの表示の一番シンプルものや無添加のものが良いでしょう!
肌弱っている時には、そのような洗顔石鹸を選んでください。
石ケン素地のみで作られたシンプル石鹸や無添加石鹸の例としては、下記のようなものがあります。

コープ 素材そのまま化粧せっけん
牛乳石鹸カウブランド
シャボン玉石けん
エンジェルホワイトパーフェクトソープ(無添加美容石鹸)

このようなものがあります。

正しいクレンジング・洗顔のお手入れ方法

ここまでで、あなたは正しい、クレンジング・洗顔料を見つけられたと思います。
では、正しいクレンジングと洗顔のお手入れ方法についてみていきたいと思います。

ステップ1: 先に目元、口元のポイントメイクを落とす
ポイントメイクリムーバーをコットンに染み込ませたものを目元・口元に約10秒あてます。
次に、優しく拭き取ります。
コットンが汚れたら新しいものに交換です。
汚れたコットンで使い回しはやめましょう。

この時点では完全に落とそうとしないでください。
無理にこすると肌の負担になるからです。
頑固な汚れが多少落ちたら、次へ進めましょう。

ステップ2:手のひらにクレンジングを出す
商品に「乾いた手のひらで」という説明ある場合には、手洗いを行い、手を拭いて清潔な状態で手のひらに出しましょう。
「お風呂場使用OK・ぬれた手でもOK」というクレンジングの場合でもできるだけ乾かしてください。
なぜなら、クレンジングに水が加わると洗浄力が落ちるからです。
また、その分、肌をこすりすぎてしまうので摩擦が肌に負担がかかりやすくなってしまうからです。

ステップ3:Tゾーン⇒Uゾーンの順で、肌にのせなじませる
比較的皮膚の強い、額から鼻にかけて、Tゾーンから先になじませましょう。
ポイントはゴシゴシこすらないこと時間をかけすぎないことです。

ステップ4:目元・口をやさしくなじませる
目元・口元に関しては、洗い残しを落とすだけで良いので、優しく数秒なじませる程度で良いです。
ぱぱっと終わらせましょう。

ステップ5:人肌程度のぬるま湯で洗い流す
洗い流すお湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまい良くありません。
逆に冷水だとクレンジングが固まってしまい毛穴の余分な皮脂汚れなどを落とすことができません。
ですので、若干ぬるめかなと思うくらいの人肌程度の温度で洗い流してください。

正しい洗顔の方法のまとめ

ステップ1:洗顔料を手のひらでよく泡立てる
洗顔料を手のひらに出し、水を加えつつ泡立てます。
特に石鹸は泡立てが難しいので、苦手な方は便利な泡立てネットも使ってみましょう。

ステップ2: Tゾーン ⇒ Uゾーンの順番にのせて円をかくようになじませる
ここは、普通のクレンジングと同じですね。
尚、Uゾーンは頬やフェイスラインを示します。
ゴシゴシこするのではなく、クルクルと円をかくように、汚れを浮かせるような感覚でなじませましょう。
また、オイリー気味でも、ごしごしと力を入れないで、優しく進めてください。

ステップ3:人肌程度のぬるま湯で洗い流す
クレンジングと同じです。

ステップ4:清潔で肌触りの滑らかなタオルで優しくふき取る
洗顔後の肌はメイクと一緒に潤い成分も奪われて、デリケートな状態です。
ですので、ゴワゴワしたタオルなどで、ゴシゴシ拭かない方が良いです。

清潔で肌触りの滑らかなタオルで優しくふき取ってください。
商品の選び方やお手入れ方法でもお肌は改善していきます。
日々の積み重ねと継続が大切です。
是非、参考にしてください。

2017年現時点でおすすめの洗顔アイテムをいくつか紹介しておきますね!

美白・美肌洗顔のホワイトヴェール フェイスウォッシュ

ホワイトヴェール フェイスウォッシュ
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


こちらは最新のおすすめ!
なんとフィトリフト ホットクレンジングジェルは、美容成分91.2%でクレンジングする洗顔です!

W洗顔不要
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


このページも関連度が高いのでオススメです!>>>毛穴、黒ずみを2週間で小さくキレイにする9つの方法

\ SNSでシェアしよう! /
当サイトにはLINEやfacebook、ツイッターのロゴが設置されています。
ここで情報を送ることができます!
友人にお悩みの方がいれば、教えてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です