日本人女性向けのダイエット オススメランキングもあります!

レッグミラクル

オススメ美容商品特集サイト厳選! 日本人女性向けのダイエット

当サイトでは、数々のダイエット商品を紹介しています。
ダイエットサプリやダイエットドリンク、痩身スパッツ、エクササイズDVDなどジャンルも様々です。
その中でも当サイトへお越しいただく属性の中で一番多い、日本人女性にオススメのダイエット商品を厳選して紹介します!

日本人女性向けのダイエット オススメTOP10

日本人女性に最適なダイエットサプリやダイエットグッズをランキング順に10個ご紹介します。
いずれも女子力アップ、つまりダイエットができて美も高まる商品を厳選しました!

ダイエットをしつつ、美肌に!
部分痩せさせつつ、バストアップ!

そんな欲張り女子のためのお勧めダイエット法です。
アクセス数や販売個数、商品レビューなどの数字から当サイトが独自にランキングしました!
尚、当ページの下部にある情報も根拠にしています。


オススメNO.1:レッグミラクル
日本人女性に多いとされる下半身太りを解消する下半身ダイエットサプリです。
購入者の口コミでも美脚効果があると評判になっています!
口コミもあります⇒レッグミラクル 口コミ←クリック!

レッグミラクルの激安購入はこちら
日本人女性向けのダイエット
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.2:アメージング ミックス
乳酸菌や酵素もたっぷり入っているお通じスッキリダイエットサプリです。
腸内フローラを改善する効果やデトックス効果も期待できます!
口コミもあります⇒アメージングミックス 口コミ←クリック!

アメージングミックスの激安購入はこちら
女性用ダイエット商品
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.3:スタイルチェンジスピードシェイプレギンス
履き心地が良いのにただ履くだけで美脚になれると評判のダイエットスパッツです。
下半身を中心にダイエットをしたいという方にオススメです!
口コミもあります⇒スタイルチェンジスピードシェイプレギンス 口コミ←クリック!

スタイルチェンジスピードシェイプレギンスの激安購入はこちら
女性に人気のダイエット商品とは
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.4:グラニティアップローチ
バストアップと美肌効果もある女子力アップ系ダイエットサプリです。
湘南美容外科グループが開発したドクターズサプリです!
口コミもあります⇒グラニティアップローチ 口コミ←クリック!

※グラニティアップローチの販売は終了してしまいました。

グラニティアップローチの激安購入はこちら
女性用ダイエット美容商品
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.5:ルナパルテ
太ももを中心とした下半身ダイエットに最適なホームエステ用美脚マッサージジェルです。
下半身に水分や脂肪が蓄積されやすい女性に最適な美容商品です!
口コミもあります⇒ルナパルテ 口コミ←クリック!

ルナパルテの激安購入はこちら
女性向けに開発されたダイエット商品
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.6:バブリアボディ
セルライト消滅効果に期待大のダイエットジェルです。
女性に憎き敵「セルライト」と「蓄積した脂肪」対策にオススメです!
口コミもあります⇒バブリアボディ 口コミ←クリック!

バブリアボディの激安購入はこちら
女性専用ダイエット
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.7:ボディ☆スタ
大澤美樹さんが監修している女性用ボディスタイリングダイエットDVDです。
自宅で簡単にできる1日わずか5分のリンパダイエットプログラム!
口コミもあります⇒ボディスタ 口コミ←クリック!

ボディ☆スタDVDの激安購入はこちら
女性用ダイエットDVD
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.8:キュートミー(CUTE ME)
ダイエットサプリとエクササイズDVDがセットになった女性用ダイエット商品です。
痩身成分+美容成分がたっぷりのサプリと上半身+下半身+骨盤まわりのダイエットに効果的なエクササイズDVDがセットに!
口コミもあります⇒キュートミー 口コミ←クリック!

キュートミーの激安購入はこちら
女性用ダイエットプログラム
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.9:フェリーチェ
2大痩身成分「レスベラトロール」+「没食子酸エピガロカテキン」が配合された痩せる効果が期待できるダイエット石鹸です。
普段使っているボディソープを変えるだけの簡単ダイエット!
口コミもあります⇒フェリーチェ 口コミ←クリック!

フェリーチェの激安購入はこちら
日本人女性向けダイエット
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!


オススメNO.10:ファストップα
短期間で結果を出したいという女性のための脂肪溶解効果が期待できるダイエットサプリです。
世界トップレベルの製薬機関の脂肪溶解テストをクリアしたという噂まであります!
口コミもあります⇒ファストップα 口コミ←クリック!

ファストップαの激安購入はこちら
女性用のダイエットサプリのお勧めファストップ アルファ販売ページへ
  ↑  ↑  ↑
スマホ・PCでこちらをクリック!

以上が、日本人女性向けのダイエットのトップ10です。
いずれも口コミ評価が高く、多くの女性に愛されている商品となっています。

肥満の原因について考える

まずは一般的な肥満の原因について記載します。

肥満というと、すぐに連想するのが過食・運動不足というペアです。
ですから、太り始めたことを気にされる方は、まっさきに食事量を減らしながら運動をするようにこころがけるのではないでしょうか。
そうすることで、確かに体重は減るのですが、しばらくすると少しずつ体重がもとにもどりはじめて悩んでしまう場合もあるようです。
そうした悩みを解消するために、日常生活において意外に気付いていない肥満の原因について考えて見ます。

第一に注意したいのは、睡眠です。
夜にしっかり睡眠がとれないと、日中に昼寝をする習慣がついてしまいがちですが、食べることと寝ることをセットにしてくりかえしてしまうと体脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。
逆に言えば、昼寝をしなくてすむようになれば、それだけ体脂肪を消費できるようになると言ってよいでしょう。
そのためにも、夜の睡眠時間は十分にとることです。

第二に注意したいのは、食事のリズムです。
とくに、一日の摂取カロリーをおさえるために朝食をとらないという方がいますが、いくつかのデメリットも知っておいたほうがよいでしょう。
朝食を抜くと、体温が上がりにくくなることがわかっていますが、そうなると体脂肪の燃焼させるときに不利になります。

また、おなかがすいて一度の食事量が増えたりすると、かえって体脂肪がつきやすくなるでしょう。
そうならないために、朝食は少量でも毎日とるようにされた方がよいのではないでしょうか。
以上の2点に注意するだけでも意外な効果が期待できますので、ためしてみられる価値はあります。

世界から見る肥満の原因

次に日本人向けのダイエットについて考察するための情報です!

日本でも肥満の問題が騒がれていますが、世界規模から見れば日本は痩せている人が多いです。
明らかに太っていて社会問題になるレベルの国もあれば、その逆に太っている人がほとんどいない国もあります。
この差は一体何が原因になっているのでしょうか。

太っている人が多い国の場合、主食やよく食べるものに炭水化物が多かったり、砂糖を大量に使った料理を日常的に食べていることが多いです。
また日本のように痩せている人が美しいとされる価値観とは真逆であると、太っている方が美の象徴とされ問題としては扱われなくなります。
そのため痩せることに意味が無くなり、逆に太ることに意味が出来て太っていくのです。

ファーストフード店が生活に浸透していることも一因として挙げられます。
ファーストフードは安価で素早く食べられるばかりか、美味しく自宅で調理をする手間を省きます。

しかしファーストフードは炭水化物が多く、カロリーも総じて高いです。
食べるものによっては1日の平均カロリーの3分の2は摂取しているということもありますから、この食生活をしていれば体重維持をすることすら難しくなります。
カロリーや炭水化物、こうしたものの過剰摂取をする食生活であることと、太っていることに対して社会が寛容であることが肥満の原因になるのです。
日本の場合は過剰なほどにダイエットを重視し、その目的は健康のためではなく美容のためという意味が強いです。

太っていることに対して罰則を与えるなどの制裁こそないものの、太っていることが良くないのだというメッセージを与えられることによって、ファーストフードが浸透していても世界規模で見ればまだまだ痩せているのでしょう。
過剰に心配しすぎる必要はありませんが、かといって肥満であることは体に悪いです。
標準体重をキープ出来るように、体重管理に努めましょう。

日本人に多いとされる幼少期にあるかもしれない肥満の原因

ここから、日本人に多いとされる肥満の原因に絞っていきます。

現在、肥満は国民病とも言えるほど増えています。
美味しいものが増え、車移動が用意になり、ほとんど運動すること無く目的地へ到着できる便利な現代では殆どの人が、意識的な節制をある程度しなくては健康体型を維持するのはとても大変なことです。

少し気を抜けばすぐに肥満への道筋に乗ってしまいます。
気を抜かないで、自らの体型に気を配れる人と、気を配れない人の差は何なのでしょうか。
原因を探っていきます。

それには、幼児頃の生活習慣や学習習慣が関連しているかもしれません。
どういうことかというと、ズバリ「自律」です。
この「自律」は「自立」とはちがって自らを律する力のことをいいます。

マシュマロテストという有名な実験があります。
「今すぐマシュマロを1つ食べてもいいけれど、あと数分待てればもう一つあげるから結果2つ食べられるよ」と声をかけて子どもに1つマシュマロを渡して、部屋に子どもを1人にする実験があります。
この実験で、まって2つ目のマシュマロを手にする子どもたちは自律の力が高く「まって、報酬を高める」ということができます。

これが肥満にならない力とつながっています。
「今、食べたいけど食べなければ健康な体を手に入れられる」と考えられるからです。
このような力は大人になってからつけるのも無理ではないそうです。

ですが、大人になってからでは、習慣となってしまっているため難しいのです。
子供のことに大人たちが注意してそのような力をつけられるように声をかけておくことが大切です。
先のことまで見通す力、見通して想像する力の形成ということです。

30代以上の日本人に多いとされる内臓脂肪型肥満の原因

日本人の30代以上にさらに絞っていきます!

太っていると一口に言っても、その太り方が皆一律一緒ではなく体型に違いがあります。
洋梨型やリンゴ型という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、何処に脂肪が付いているかによって太り方が異なってくるのです。
肥満の分類として内臓脂肪型と皮下脂肪型に分けられるのですが、健康を損なうのは内臓脂肪型です。

内臓脂肪型はその名の通り、内臓に脂肪が付く太り方のことで皮膚に脂肪が付く太り方に比べると健康を害する可能性が高いです。
内臓脂肪は主にお腹を膨れさせ、まるでリンゴのような体型にさせてしまうためにリンゴ型と付けられました。
こうなってしまう原因は高カロリーな食事が多いことや、アルコールを毎日定期的に摂取をしていること、そして菓子などの糖分があるものを多く摂取していることが挙げられます。

例えば、油物を毎日食べていて、アルコールを2杯以上飲むのが習慣になっている挙句、間食としてお菓子を摘むという食べ方をしていると確実に内臓脂肪型の太り方にシフトします。
内臓脂肪型の場合は高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの病気を起こしやすくなる要因ですので、美容のためではなく健康のためにダイエットをする必要があります。
ダイエットは食生活の改善、高カロリー食を止めて平均カロリー内に納まるようにします。

そして飲酒の習慣を毎日ではなく徐々に減らし、週に1、2回程度に減らしておくと良いでしょう。
間食は出来るだけ止め、食べるのならばお菓子ではなくカロリーの低いものを口にするようにします。

運動も一日10分でも良いので体を出来るだけ動かすようにしましょう。
中年太りの要因とも言われる内臓脂肪型の肥満は継続させてしまうと健康に良くありません。
今の食生活を続けずに長く元気に生きられるようダイエットをしましょう。

男性と女性での肥満の原因の違い

最後に日本人女性に向いているダイエット法を探るために日本人男性と日本人女性の肥満の原因について調べてみました。

肥満という現象をよく観察していくと、男性の肥満体型と女性の肥満体型にはそれぞれ傾向があることに気が付きます。
男性は例えば力士のようにお腹がつきだしている場合が多いです。
反面、女性は下腹やお尻、太ももといったからだのあちこちがぽってりとしている場合が多いのではないでしょうか。

このように太り方の違いに傾向があるということは、男女によって効果的な対策が異なるはずです。
例えば、夫婦そろって太っている場合、ふたりで同じ方法をとるとどちらかにとっては効果的でない可能性があることになります。

ですから、お互いが異なる減量方法をとりながら、それぞれが管理役をするような役割分担をするのがよいのではないでしょう。
それでは、具体的に男性向きの減量方法と女性向きの減量方法にはどのようなものがあるのか検討していきます。
まず、男性はおなかだけがつきだす傾向があるといいましたが、これは内臓脂肪が体内に蓄積するのが原因です。
内臓脂肪とは、内臓の周囲についている脂肪細胞のことですが、これは基礎代謝量が増えたり運動をすることで消費されやすいようです。

それに対して女性は身体のあちこちがぽってりしている傾向があるといいましたが、これは皮下脂肪が蓄えられているからなのです。
皮下脂肪は内臓脂肪よりも消費されにくいことがわかっています。
女性は男性より運動によってやせる確率が低くなることを意味しています。
このように考えていくと、男女で同じように運動療法を行うときには、お互いの特性をよく理解して取り組み、結果の現れ方が違っても上手に対応することが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です